ピック病とは

姉メール
日曜日、じいから電話がかかって来た。
いつもの様に一方的に喋って私の言っている事は聞かない。
聞こえないのか聞く耳を持っていないのか。
そこを出てどこへいくの?
なんで出たいの?
私の家はもう受け入れできないよ。
じいには、お金はないのにどうやって生活していくの?
と私が言っているのに、もう決めたから、どうやってそっちへいけるのか?
来なくていい。
じゃ勝手にすれば。
200円分しか入れてないので電話は切れた。
今日、電話では聞いてくれないから、同じ事を書いて出したが
認知症のじいにはわからないかもしれない。
この間テレビで、認知症にはアルツハイマーとピックがあると言っていた。
初めて聞くが、ピック症は要求ばかりを言う病気らしい。
まさにじいの病気だ。
だから要求を聞いても又、次々要求すると思う。
辛いだろうが言わせておくより仕方がないようだ。


アルツハイマー病
記憶をつかさどる脳の海馬やその周辺が冒される。主な症状は、もの忘れなどの記憶障害



ピック病
前頭葉の機能が低下。
感情や欲求を抑えることができなくなり、自分の思うがままにふるまう行動が出る。側頭葉の機能が低下。
ことばの意味がわからなくなったり、話すことができなくなるといった失語の症状が出る。



自制力低下(粗暴、短絡、相手の話は聞かずに一方的にしゃべる)
感情鈍麻、異常行動(浪費、過食・異食、何でも口に入れる、
収集、窃盗、徘徊、他人の家に勝手にあがる)などがあり、
人格は変わり(無欲・無関心)、
感情の荒廃が高度で、
特に対人的態度が特異である。
たとえば、人を無視した態度、
診察に対して非協力、
不真面目な態度、
ひねくれた態度、
人を馬鹿にした態度などで、病識はない。
その他、
会話中に同じ内容の言葉を繰り返す滞続言語(滞続言語とは、特有な反復言語で、
質問の内容とは無関係に、
何を聞いても同じ話を繰り返すもので、
他動的に誘発され、
持続的で制止不能である)も特有である。

子どもの発達障害みたいですね
[PR]
by spremuta-arancia | 2009-06-23 06:04 | じい関連 | Comments(0)

平凡だけど幸せな毎日を過ごすおばさんの日記


by spremuta-arancia
プロフィールを見る
画像一覧