じい続き

施設から呼び出しがあった

①介護認定は前回と同様要介護1でした

②身辺整理が始まって冬物を2点処分して欲しいと言われているが、家族からも捨ててもよいと言われたら捨てる

③本社から相談員が来て懇談会が開かれたがじいは相談員と2時間ほど話し込んだ

④一度家族を交えて話がしたい

④については

ケアプラン作成の前に

施設内でのおじいさんの生活の様子を家族にお話したいということでした

ああそういうことか

じいが厄介な問題を起こして話し合いがもたれるのかと心配しちゃった

ムスメにも心配かけたね。ごめんね。

家族、ケアマネ、ヘルパー、看護師同席して話をした

最近、時間を取り違えることが多い

夜7時か8時寝巻きに着替えてベッドに入るが3時間くらいで起床

真夜中には洋服に着替えて

仏壇に向かって読経

その後洋服のまま、朝食までベッドで横になる

洗濯に出したYシャツにパリッと糊がついてない、アイロンがかかっていないと怒る

私(どうせ服を着たままベッドに横になるのなら一緒じゃない)と発言

食事は3度3度残さず食べる

レクは全く参加しないが、3時のおやつには必ず降りてくる(ジュース)

往診してくれる医師に、近々出て行くので

紹介状を書いてくれと言う

看護師がその日が決まったらいつでも書くのでと返事してくれている

じいがどれだけここを出たいと言っても

家族としてはここに居てもらうのが一番いいと考えていると述べた

ケアマネさんが
“Hさんがここを出たいとおっしゃったら
ここに居るのがイヤなのですか?
私たちと会うのがイヤなのですか?

ここはバリアフリーでどこへ行くのもエレベーターで行けるし
お医者さんも往診してくれる
お風呂も今は一人では入れないでしょ
ここならみんなでお世話できますよ
と言いますね“

と言ってくれました

じいは引っ越し魔

馴れると飽きてしまって同じ場所に長い間居られない性分なのかもしれない

5~8年周期で転々としてきた

これから行くところは○○しかない

そこへ行くまで穏やかに楽しく暮らすしかないのだ
[PR]
by spremuta-arancia | 2009-07-14 10:22 | じい関連 | Comments(0)

平凡だけど幸せな毎日を過ごすおばさんの日記


by spremuta-arancia
プロフィールを見る
画像一覧