謝罪

米市民が被爆者に直接、原爆投下を謝罪するのは是か非か

抜粋
オバマ大統領の非核演説に力を得て、
初の「広島・長崎懺悔(ざんげ)の旅」を企画した元米兵ら17人は、
米国内の強い反発にとまどいながらも、
3日に広島、7日に長崎に入る。

呼びかけ人のひとり、トム・カーリンさん(73)は元米海軍の下士官で、
1950年代後半、米軍厚木基地に勤務した。
長崎市で見た被爆展示に衝撃を受け、米国に戻ると反戦活動を始めた。
昨春から、タコマ市在住の日本人僧侶らと旅の企画を練ってきた。
地元の小中学生らに呼びかけて4千羽の折り鶴を用意。
「原爆投下を謝罪します」という署名も約500人から集めた。

ところが、7月に入って地元メディアに取り上げられると、批判が起こった。
「米国が日本に謝罪することは、日本軍に殺された米兵や米市民には侮辱になる」
「今の日本の市民にはもう真珠湾攻撃の責任がない。
われわれ米市民にも原爆投下の責任はない」
「わざわざ日本に行くのなら、日本軍の残虐な行為に対する謝罪を日本の市民から受けてきたらどうか」。
そんな投書が地元紙に掲載された

謝罪は控えることにした。

[PR]
by spremuta-arancia | 2009-08-04 05:15 | ニュース | Comments(0)

平凡だけど幸せな毎日を過ごすおばさんの日記


by spremuta-arancia
プロフィールを見る
画像一覧