じいの施設

ところで、じいの施設で少し気になったことがある

4階建ての施設の各階に流し台があり

随時お茶を用意してくれている休憩コーナーがある

机も椅子もあり職員がコップについでくれる

じいほどの年寄りでない人も椅子に座って

お茶を淹れてくれるのをただ黙って待っている

グループホームみたいに食事を作れとまでは言わないが

お茶ぐらい淹れられそうなおばさんが、

じいより10歳は年下の、そしてちょっと前まで主婦だったと思われる彼女らが

今は、何もしないで

ただ座ってお茶を淹れてもらって飲んでいる

これって何か変じゃない?

自分で出来ることは、自分でしようよ

(でもそのおばちゃんたち表情がなかった

何もできないのかもしれない)


おじいだって辺りをビッチョビチョにしたけど

私が行ったからいいとこみせたかっただけかもしれないが

自分で淹れてたぜ(感心した)

いつも文句ばかりのじいが、皆の前だからか

お前たちも飲めとか

今日は来てくれてありがとう

とか言っていた

却ってなんだか気持ち悪かった(いい格好しい)

私も素直じゃないな
[PR]
by spremuta-arancia | 2009-09-16 03:47 | じい関連 | Comments(0)

平凡だけど幸せな毎日を過ごすおばさんの日記


by spremuta-arancia
プロフィールを見る
画像一覧