じい

じいの嫌味を一身に受けたので、昨夜は寝られなかった

最近寝転んでばかりのじい

久しぶりにまともに座っているじいを見た気がする

待合室で待っている間Y子が死んでからひとっつも楽しいことはなかったと不満たらたら

頭を打ったせいでどんどん頭が壊れていっているのか?

人間として思考する能力を全く失っているのでまともな会話もできない

そこにいたのはおじいの形をした人間だけという気がした

前から性格の良くない人だったのだが、

それでもM子さんが来る時は喜んだ表情をした

昨日のじいは私と会っても全く表情は変わらない

壊れている

その壊れた人が、いろいろ喋りまくる

なんでここにいるのか?

誰の指令なのか?

こんなところにいても仕方がない

訳がわからない

(実際、壊れている頭ではちらかった部屋みたいに、整理がつかないんだろうと思う)

病院通いばかりさせられる

病院ではあっちへ行け!こっちへ行け!と引きずり回されて疲れる

結局身内の誰とも一緒に暮らすことが出来なかった

(そんなことはない姉の家で3年暮らした)

ウンザリするほど文句垂れた

それでも性格の良い人の愚痴なら“うんうん”と聞いてあげれるんだろうが

おまけに(胸には焼印がある)じゃなかった

帰りに私は自転車で事故った

幸い擦り傷で済んだけど
[PR]
by spremuta-arancia | 2009-10-28 06:18 | じい関連 | Comments(0)

平凡だけど幸せな毎日を過ごすおばさんの日記


by spremuta-arancia
プロフィールを見る
画像一覧