じい

頭の管は外してもらっていた

でも

何が何だかわからないと言う

手術したことはわかっているが

いつ手術したかわからない

この病院に一週間位いるような気がする

なんだ、頭の整理ついていないんじゃん

しかしこの後、ここ半年聞いたことがない話をした

私が病院で必要なボディーソープやウエットティッシュを売店へ買いに行っている間

夫がじいと二人で話した

ワシは今まで色々我慢をしてきたが我慢するのはもう止めた

心に正直に生きる

(十分正直に我儘に生きてきたんじゃないかな?)

だが、このように思いを口にしたのは久しぶり

一昨日ベッドに縛り付けられたことは覚えていて

人間としてものすごく屈辱だった

(この言葉は使わないがプライドが傷ついたみたいなことを言った)

頭の管を抜こうとしたのでやむなく縛り付けたのだが

暴れたことは覚えていない

この辺りはじいらしい(笑)

話していたら少し笑顔が出た

ここんとこ見たこともないじいの笑顔だった

もう帰りますと言うと

『身体に気をつけてな』とも言った

何だか気味が悪い

最後の一言は私たちを混乱させた

『自分を忘れるなよ』

どういう意味?

じいの一人称は『ワシ』だから

じいが『ワシを忘れないでほしい』と言った訳じゃないと思う

だとするとどういう意味で言ったのだろう?

かなり深い!
[PR]
by spremuta-arancia | 2009-11-14 13:23 | じい関連 | Comments(0)

平凡だけど幸せな毎日を過ごすおばさんの日記


by spremuta-arancia
プロフィールを見る
画像一覧