じい

「オシッコが出ない!」
A医大病院へ今から行ってくれと、朝、11時施設から電話
急いで施設へ駆け付け、大慌てで病院へ行ったが、着いたら12:00過ぎていたのと
午後も予約の患者さんを先に診るので
午後2:30過ぎに漸く診てくれた
施設の看護師が書いたメモ紙を見せる
朝から、オシッコが出ない
血が固まってオチンチンの先にくっついていた
推論、オシッコの出口にレバーのような血の塊があるのじゃないか?
それでオシッコが出ないのでは?
と心配で受診した
まずエコーで調べる
血の塊は発見できない
採尿できないから血の原因を究明する為に
(腫瘍でもあるといけないので)
内視鏡の検査をした
結果
膀胱の中に石があるので
石が蓋をした格好になり
オシッコが出にくいことがわかった
高齢なので石を除く手術はしない
寝返りなど、体を動かしたりすればオシッコも出る
もっと水分を摂るように
出血は導尿の管を抜いた影響だから心配は要らない
と言われ終了
ところで診察を待っている間、カレンダーを見ながら
「今日は何日?」
『わからないね?』
「今日は1月4日だよ。」
診察の後で
「今日は何日?」
『わからないね?』
「今日は1月4日だよ」
『ここも1月4日かい?』
「?」
「どこもかしこも1月4日だよ」
殆ど居眠りしていた
『寝むたなってまったわ』
「さっきからずっと寝てるじゃないの」
16:30に漸く病院を出た
「今日お医者さんに何て注意を受けた?」
『何にも』
「もっと水分を摂るように言われたでしょ!」
『あっそのことか?』
「そこが肝心なのよ。色々検査をして問題はなかったのだから
あとはおじいさんがお茶やお水をたくさん飲めば問題は解決するのだからね!」
『はいはい』
じいは施設で昼食を食べてから出たが
私は食べ損ねた
夕暮れの街、迎えの自動車の中
『病院へ来ている間に、もう今日も終わりか?』
何ともなくて安心したけど、余りに暢気で刹那的なじいの言葉に
「おじいさん!退屈凌ぎに病院へ来るの止めてくれる?」
腹立ち紛れに叫んだ!
[PR]
by spremuta-arancia | 2010-01-05 06:26 | じい関連 | Comments(0)

平凡だけど幸せな毎日を過ごすおばさんの日記


by spremuta-arancia
プロフィールを見る
画像一覧