初詣で

正月に家族が元気に揃ったことへ感謝の

気持ちでお礼を言ってきた

家へ帰ったら

施設のケアマネから電話

じいが今日突然歩き出した

居室内のトイレへひとりで行っただけでなく

階下の食堂までエレベーターで

職員が介助して歩いた

”どうしましょうか?”

”ご家族様が一人で歩かせるのは危険だとおっしゃれば、車椅子で生活するようにと申し上げるつもりです”

という内容の電話だった

「本人がその気になって歩いているのを止めるわけにも行かない」

「部屋の中は一人でも良いがそれ以外は介助付きで歩かせてください」とお願いした

しかし、どういう風の吹きまわしだろう

12月の手術以後全く歩かなかったのに

リハビリなしで歩けるなんておかしい

歩けるのにわざと歩けないふりをしていたのかしら

全く訳がわからない

昨日訪ねた時、じいが『ここを出たい』と言うので

死ぬまでここにいるしかないだろうと

「ここがおじいさんの家だよ」と強調してきた

いつもはみんな人のせいにして、自分ではなんの努力もしないじいだが

昨日の私の一言で、『ここを出るのだ』と

俄然やる気になってしまったのか?逆効果だったか?

もう今更努力しなくていいのに
[PR]
by spremuta-arancia | 2010-01-09 17:14 | じい関連 | Comments(0)

平凡だけど幸せな毎日を過ごすおばさんの日記


by spremuta-arancia
プロフィールを見る
画像一覧