カテゴリ:TV等娯楽( 104 )

下手な時代劇

下手くそな時代劇見ちゃった

BS朝日「無用庵隠居修行

何が下手って

主演の水谷豊が

「お追従」を

おついじゅう

って言うんだもん

誰も止めるやつおらんかったんかい

相棒の

杉下右京と小野田公顕

主従が

入れ替わった役で

面白そうだなあ

とチャンネルを合わせてみたけど

杉下さん自分のこと

俺って言うんだよ

言わないでしょ

時代劇では自分のこと

拙者


みども

手前

エトセトラ




[PR]
by spremuta-arancia | 2017-09-15 21:46 | TV等娯楽 | Comments(0)

真っ赤なハートを君に

NHK ドラマ「ひよっこ」で

佐々木龍之介

三宅裕司

光石研

さんたちが

真っ赤なハートを君に


歌っていた

懐かしい

なんと言う曲だろう

調べました

荒木一郎さんが

1967年に発表した

いとしのマックス

[PR]
by spremuta-arancia | 2017-09-15 05:56 | TV等娯楽 | Comments(0)

風雪流れ旅

作曲家船村徹さんが


亡くなった


追悼番組をいくつか見た


おかげでというと不謹慎だが


年に何回も聞けない


[風雪流れ旅]を聞く機会が多い


中でも島津亜矢で聞くのは圧巻


保存版にしたいが


内弟子の4人の


ダイナマイトが150屯


は余分だ

[PR]
by spremuta-arancia | 2017-03-31 01:06 | TV等娯楽 | Comments(0)

水曜どうでしょう

水曜どうでしょうの鈴井貴之さんが離婚していた


糟糠の妻


ベトナム縦断


バイクの旅で


鈴井さんが


レシーバーを落としてしまった時も


日本からわざわざ届けてくれたのは


奥さんだった


その奥さんと


別れてしまっていたとは


生きていれば


人間色々なことがある


話し合えばわかる

[PR]
by spremuta-arancia | 2017-03-29 16:16 | TV等娯楽 | Comments(0)

落語会

桂吉弥独演会に行ってきました

桃太郎[桂慶治朗]

餅屋問答[桂吉弥]

仲入り

上燗屋[桂吉の丞]

はてなの茶碗[桂吉弥]


面白かった

エリザベートを観るため

3週間続けて名古屋へ帰ってきている娘に

はてなの茶碗面白かったと言ったら

下げは何だった?って聞かれて

はてなんだったっけ

あっそうだ

油屋が今度は穴の空のあいた瓶を

道具屋へ持ってくる

というのが下げでした
[PR]
by spremuta-arancia | 2016-10-23 19:43 | TV等娯楽 | Comments(0)

サンデーモーニング

この番組

中でも

張さんとゲストが渇を入れるコーナーは

最早オワコンだと思う

特に昨日は酷かった

観客から名前は連呼されるが

まさか監督がピンチヒッターとして

この人を指名することはあるまいと

思ったら

マジでピンチヒッターに彼の名前を告げちゃった

何でほんまに出すねん!

という笑えるCMが昔あったが

誰あろう

川藤幸三氏登場

男子フイギュアスケートの

宇野昌磨君の四回転に

わし何べん見ても三回にしか見えへん

極寒マラソンに対し

何でああまでせんならんかわからん

サンウルブズの初勝利には

張さんと共々ノーリアクション

酒場でおっさんが喋っているようだ

こんなゲスト呼ぶ必要あるか?
[PR]
by spremuta-arancia | 2016-04-25 05:57 | TV等娯楽 | Comments(4)

お笑い三人組

1949年生まれの江戸家小猫さんが癌で亡くなったという

えっ!

お父様が活躍されたNHK お笑い三人組の

三遊亭金馬師匠はまだご存命のはずじゃないかしら

と思って

調べたところ

そうです

おんとし87歳

お膝がお悪いようですが

今でも高座に上がっておられるそうです

小猫さん66歳です

まだ早いです
[PR]
by spremuta-arancia | 2016-03-31 16:16 | TV等娯楽 | Comments(0)

沼田城

ブラタモリ

河岸段丘好きのタモリさんが

早稲田大学入学にあたり

先ず始めに行ったのが沼田であったそうな

行ってみたい
[PR]
by spremuta-arancia | 2016-02-22 19:24 | TV等娯楽 | Comments(0)

真田丸

昨日はちょっとやりすぎ

コメディじゃないんだからな

頼むよ

三谷さん
[PR]
by spremuta-arancia | 2016-02-22 17:33 | TV等娯楽 | Comments(0)

「土屋主税」その2

先の話はかなり省略している

実は俳句の宗匠の家に

別の侍がやって来ていて

最初は源吾と親しげに話していたが

源吾が仕官すると聞いて態度が急変する

二君(じくん)にまみえるなど

豚侍だの

犬畜生だの

ずいぶん口汚く罵った


艱難辛苦の末主君の仇を討った

赤穂浪士の討ち入りが美談となっているが

侍は仕官口を失っても再び別の就職先を探しては駄目なんだろうか?

そんな話はおかしい

歴史小説を読んでいても

そんな話はいくらでもある

江戸期になって平和な時代になり

戦はないが

大名に跡継ぎがいない

不行跡があった

などの理由で改易になり

たちまち路頭に迷う家臣がいたはず

中でも「腕がたつ」「才がある」

などキャリアがある者は

別の就職先を探したであろう

食っていかなきゃならんもの
[PR]
by spremuta-arancia | 2015-12-31 11:57 | TV等娯楽 | Comments(0)

平凡だけど幸せな毎日を過ごすおばさんの日記


by spremuta-arancia
プロフィールを見る
画像一覧