カテゴリ:日常( 424 )

咲き誇る花は

咲き誇る花は

散るからこそに美しい

の一説で知られる歌

前略、道の上より

一世風靡セピア

You Tube

を貼り付けて

小学校教師をしている息子が

「このジャケットある?」メールを送ってきた

動画を見て

はて?

どちらのジャケットのことだろう?

着るほうか?

レコードジャケットか?

いずれにしてもないので

「ないよ」とだけメールしておいた

「承知」と返事が来た

何日後か

息子に会ったので

あれはどっちの意味か聞いたところ

小学校の運動会で

子どもに踊らせるとき

自分も指令台に乗って踊るので

着るジャケットが欲しいんだって

夫に聞いたら

丁度いいのがあったので着たらピッタリ

喜んで持って帰った

メンバーの中には

知っている顔が4人

哀川翔、柳葉敏郎、小木茂光

3人までは名前もよく知っている

もう1人

へぇこの人

ときどきドラマでおっさん役で見る

調べると

春海四方

一世風靡だったんだ
[PR]
by spremuta-arancia | 2015-06-01 17:34 | 日常 | Comments(0)

早く生まれて来い

二人目の孫

4月13日が予定日
[PR]
by spremuta-arancia | 2015-04-10 17:21 | 日常 | Comments(0)

長男の部屋

a0048609_552395.jpg

これでも

片付いている方

彼は日曜朝から

ナゴヤグランパスエイトunder15の試合応援に出掛けた
[PR]
by spremuta-arancia | 2015-04-06 05:52 | 日常 | Comments(0)

模様替え

a0048609_5445399.jpg

夫の部屋を模様替えをしました

彼は日曜日朝

ジョギングに出かけました
[PR]
by spremuta-arancia | 2015-04-06 05:45 | 日常 | Comments(0)

突発性難聴

6日間お薬を飲んだら

治りました

まだ耳のキーンという音が気になるけど

重い閉塞感はもうないし

何より

聴力が戻りました

まだ

手話通訳続けてやります
[PR]
by spremuta-arancia | 2015-03-30 23:36 | 日常 | Comments(2)

突発性難聴

昨日(3/25)の朝から

調子が悪い

耳が重い

耳鼻科へ行きました
[PR]
by spremuta-arancia | 2015-03-26 16:46 | 日常 | Comments(0)

OG会

勤めていた頃のOG会

10年ぐらい前までは毎年開催していたが

いつの頃からか

開かれなくなっていた

そこで私がメンバーに葉書を出した

久し振りに会いませんか?

2月の最終週か3月の第1週の平日の昼間のうち

都合の良い日を知らせてください

返事をくれた中から都合の良い日程を調整します

お返事下さいと

14通中

2人から返事が来ない

返事が来た中にも

会いたいが今回は都合が付かない

会いたいが病気で行かれないなどの返事もあった

急な呼びかけだったが

6人が応じて集まった

その中に返事が来なかった2人のうちの1人の消息を知っている人がいた

去年か一昨年の新聞の死亡記事に

彼女の住所名前、年齢もぴったりの人の記事を見たという

確かめた訳ではない

そうかもしれないし違うかもしれない

私の葉書が先方には届いているはずだが

返事がないので多分…


10年以上会わない間に

大病をして身辺整理までしたけど生還できた人とか

私のように介護生活をした人

介護は大変だったが今は無事卒業できた人

娘が離婚してフルで働いているので
孫のお守りでとても忙しい人

話題は尽きない

6人のうちのひとりが

なんか話がずれる

人の話しをほとんど聞いていない

うん?

首を傾げた

そろそろそんな人も?

とにかくみんな元気で会えてよかった

とても懐かしく

話が弾んだ

次回は引き受けてもいいという人に幹事を頼み

また会おうねと約束して別れた
[PR]
by spremuta-arancia | 2015-03-05 16:04 | 日常 | Comments(2)

愉しみ

一週間に一度の愉しみ

織物教室での

ティータイム

先生の旦那様の

おはなし

今回は

若草山の山焼き

二月堂の修二会の

話だった

お茶菓子は

関宿の銘菓

関の戸とお抹茶
[PR]
by spremuta-arancia | 2015-01-28 06:36 | 日常 | Comments(2)

仕事で

仕事をご一緒させていただいた方は私と同年代の方で

片親(父親)を介護中で

もう片親(母親)を最近まで介護していて見送ったそうだ


事情も良く似ていて

お兄様が介護中

一度も親の様子を見に来なかった


親の葬儀の喪主だけは務めた


何故長男が

親の様子を見に来なかったか?

というのも似ている


父親が出征前に母親が懐妊

シベリア抑留から帰ってきたら

長男は5歳だった


自分が直接

子育てに関わっていない

父親と息子の関係が希薄である


という理由


我が家の場合

それほど長い空白はないが


出征前に乳児だった兄貴が

戦地から帰ってきたら

3歳になっていた


昔の父親は特に長男には厳しい


兄貴は俺は本当に親父の子どもなのだろうか?


と疑って戸籍を調べたぐらい

厳しくされたらしい

私はあまり記憶がない

当時の父親と息子と言うのは

そんな親子関係だったのだろうか
[PR]
by spremuta-arancia | 2015-01-15 19:37 | 日常 | Comments(0)

散歩

年末の海外旅行はよく歩いた

明けてから

ほとんど歩いてなかった

今日はお天気がいいし

暖かい

a0048609_6202925.jpg


上野天満宮と城山八幡宮

愛知学院大
[PR]
by spremuta-arancia | 2015-01-06 06:15 | 日常 | Comments(2)

平凡だけど幸せな毎日を過ごすおばさんの日記


by spremuta-arancia
プロフィールを見る
画像一覧