カテゴリ:じい関連( 463 )

1月17日

1月17日は特別な日です

夫の父の命日

39年経ちます

また

4年前に亡くなった私の父は

決まって正月前後に問題発生

まずひとつは

導尿のカテーテルを

引っこ抜いて血だらけになったと

老人ホームから連絡を受けたのが

2009年の年末12月25日

慌ててA大病院に連れて行って処置

カテーテル挿入は止めてオムツにした

正月明けには血が固まってオシッコが出ない

と連絡があり慌ててまた病院へ走った


1年経って

今度は

2010年12月23日誤燕性肺炎で

病院へ入院

翌2011年正月明け

肺炎は治った

燕下ができなくなって

胃ろうにするか

鎖骨の静脈ポートからの点滴にしようか

キーパーソンの私が決めて

慌ただしく病院通いをした

胃ろうにはしなかった

結局亡くなったのが、2011年

1月17日とは1ヶ月違いの2月17日
[PR]
by spremuta-arancia | 2015-01-17 18:26 | じい関連 | Comments(0)

暮れになると思い出す

暮れになると2年連続年末年始に苦労させられたことを思い出す

一昨年のX'mas

おじいが導尿管のカテーテルを抜いて血だらけになった

大慌てで医大病院泌尿器科へ連れて行った

昨年の12/23は誤燕性肺炎で入院した

姉と娘と3人で幕張のアウトレットでお茶していたとき

夫から携帯に電話があった

入院期間3ヶ月

毎日病院通いした

施設(老人ホーム)へは帰れないことがわかり

病院通いの合間に施設から荷物を引き払い

療養型病院を見学したが

結局、療養型病院へ移ることなく

医大病院で死去

葬儀

目が回るほど忙しかった

おじいは病院ではほとんど寝てばかりだったが

唯一喋ったのが

12/27のこと

帰名してすぐ病院へ行ったとき

相当、認知症が進んでいたおじいが

ふと正気に戻ったみたいに

『お前ともう一度美味い飯が食いたかったな』
[PR]
by spremuta-arancia | 2011-12-23 22:11 | じい関連 | Comments(0)

おじいの家財2

じいは姉に引き取られて

家や家財を処分しろと言ってきましたので

そのまま千葉で一生を終えると思っていました

ところが

姉が仕事に出かけて日中はひとりで留守番をしていたのが嫌になったのか

急に名古屋へ帰ると言い出しました

名古屋の私たちの家の近くの施設(老人ホーム)へ入りましたが

そこもすぐに気に入らなくなったようで

千葉にある同系列の施設へ移りたい

千葉へ行きたいと言い出して

荷物の整理をしたり

アルバムの写真を全部破るという暴挙に出た

もちろん姉は引き取りを拒んだし

施設の職員は取り合わなかったので

結局名古屋の施設に入居のまま亡くなりました

じいが自分で写真を処分してしまったので

困ったな!遺影はどうしよう?と思ったが

4年間の施設生活で行事などの写真を撮影してくれていたので助かりました

ただ

じいが母の写真を全て捨ててしまったのが心残りです

少しもらっておいたらよかった
[PR]
by spremuta-arancia | 2011-12-11 22:29 | じい関連 | Comments(0)

おじいの家財

このニュースを見て8年前のことを思い出した

近くに住む父を私が面倒を看ていたが

不平不満をぶつける父にほとほと手をやいていた

姉が代わると言って父は千葉へ行った

ほどなく父が「残した家具など一切処分して家は売ってくれ」

と言ってきたので

私たち夫婦は不動産屋の世話で家を売り

家財はできるだけリサイクルショップへ売った

売れない物は

粗大ごみとして棄てる費用が惜しかったので

テーブルや椅子などは鋸で切った

それを可燃ゴミの袋に入れ

何箇所かのゴミ棄て場所に

何日かに分けて棄てた

大変だった
[PR]
by spremuta-arancia | 2011-12-11 09:59 | じい関連 | Comments(4)

父の一周忌(2)

夫が兄貴に電話した時

お孫さんの遊ぶ賑やかな声が聞こえたので

お孫さんが来とられるのですか?賑やかですね

と夫がお愛想を言っても

「うん!」

と返事だけ

親父の葬儀から四十九日など、今までの経緯

何もかもこちらがやっているのに兄貴の愛想のない返事

しかし、さすがに夫だ

腹も立てない

もし私が電話していたら

賑やかですね?も言わず

用件だけしか伝えなかったと思う

父の介護を何ひとつ手伝わなかったばかりか

一度も父の顔を見に来なかった

兄貴を

私は嫌っている

兄貴だって馬鹿じゃない

その辺の空気は読めるだろう

だが、兄貴は69歳だ

もういい歳だ

大人の対応ぐらいはできると思うのだが
[PR]
by spremuta-arancia | 2011-11-29 05:30 | じい関連 | Comments(0)

父の一周忌(1)

父の一周忌法要が近づいた

兄貴も一周忌ぐらいはしてやってもいいと(上から目線で)

言っていたので

お寺さんに連絡を取った

希望の日にちで約束できた

会食は寺でもできますよと言ってくださった

四十九日の時は

会食を近くの料理屋さんでやった

法要後、会食

その間、住職が近くの葬儀場で葬儀を済ましたあと

お墓に納骨

それぞれの時間や移動にかかる時間を推測し

お墓には何時にお寺さんと待ち合わせしましょうと決めた

結局

料理が出るのが遅くなって

こちらが墓に着くのが遅れてしまった

今回は納骨はないので気を揉むことはないが

私たちは自動車がないので

法要後、お寺で会食が望ましいと思っていた

夫が兄貴に電話してくれた

お寺は堅苦しいから嫌だと言う

移動のことも考えなきゃいけないし

料理店にも電話しなくちゃ

何時ぐらいにしよう?
[PR]
by spremuta-arancia | 2011-11-29 05:16 | じい関連 | Comments(0)

お盆法要

兄貴が長男という立場を顧みず

親父のお盆はやる必要がない!

一周忌ぐらいはやってもいい!

とハガキに書いてきたので

下の妹の私がしゃしゃり出ることもあるまいと思ってましたが

おじいの告別式と49日法要をやってくれたお寺(M院)さんから書類が届きました

「初盆に当たる仏様の法要をしますから、お盆(14、15)の2日間の朝と昼

計4回のうちのご都合の良い時にお越し下さい」

夫と二人でH家を代表して行ってきました

混んでました

本堂に入りきれなくて閉め切ることができないので

エアコンも効かず汗がたらたら

でも行ってよかったです

おじゅっつあんが盂蘭盆会についてお話をしてくださいました

※[盂蘭盆会・うらぼんえ]とはサンスクリット語のウラバンナ(逆さ吊り)を漢字で音写したもの

・お盆の行事はお釈迦さまの弟子の一人、目連さんが母を救う話に由来している

目連は神通力を持っていて亡き母が餓鬼道に落ち逆さ吊りにされて苦しんでいると知った

どうしたら母親を救えるのかお釈迦様に相談したところ お釈迦様は言われた

「夏の修行が終った7月15日に多くの供物をささげて供養すれば母を救うことが出来るであろう」

目連がお釈迦様の教えのままにしたところその功徳によって母親は極楽往生がとげられた

・それ以来(旧暦)7月15日は父母や先祖に報恩感謝をささげ供養をつむ重要な日となった

おじゅっつあんのお孫さん

昨年はご長男の息子さんが

今年はご次男の息子さんが

東本願寺で得度されたとかで

10歳と9歳の男の子の可愛い声の読経も聞けて

おじゅっつあんも嬉しそうでした

ただ、お話があっちへ飛びこっちへ飛びするので途中で退席する人もちらほら

それでもお構いなしにおじゅっつあんの長~いお話が続きました
[PR]
by spremuta-arancia | 2011-08-16 12:30 | じい関連 | Comments(2)

今日この頃は涼しいので楽ですね

兄貴からハガキが届きました

5月にリタイヤして暇を持て余していること

目の上のたんこぶがいなくなってホッとした

姉さん宛てのハガキには、四十九日忌で気分よく話したせいか

血の繋がりも良いもんだと書いてあるらしい

私宛てのには書いてない

母の葬儀や、その後も

兄貴に対して

こちら側のわだかまりある態度に兄貴が反応したのか

少なからずいい気分はしていないのかもしれない

お盆はやらないが、一周忌はしてやってもいい(何様?)

ドラゴンズについても書いてあった

今年は落合采配でもいいと

私は既に今年のドラゴンズは諦めた

いずれにしても兄貴から手紙が来るなんてビックリだ
[PR]
by spremuta-arancia | 2011-08-02 21:07 | じい関連 | Comments(0)

私:単なる話のタネのつもりだった

姉がTV番組にちらっと出るよ

と、知らせたことがきっかけになれば

兄貴からなんらかのリアクションがあるか

と期待していたが

何とも言って来なかったので、こりゃダメだなと

姉さんはこれから兄貴に何らかの交流をするつもりはあるの?

姉:ないね。

母さんが亡くなった時近づけるかなと思って

何回か電話したが

なんで電話なんかしてくるんだみたいな対応だった

それから電話しない

だから、こちらからはアクションはおこさない


姉はちゃんと電話したからエライ

私はその点

ハガキしか出してない

兄貴の不機嫌そうな声を聞きたくないから逃げているのかもしれない

多分、これからも電話しない

兄妹なのに寂しい話だな

私の子供達はそんなことのないように

いつまでも仲良くしてもらいたい
[PR]
by spremuta-arancia | 2011-06-21 04:16 | じい関連 | Comments(0)

荷物を発送しましたよ

断捨離にはいいです

頂き物など自分で使うには好みが違う物や

子供達が小さい時に買って今は使わないがまだ使える物など

捨てるには抵抗があって取ってあった物を

他の方に使っていただけるのですから

ところで

今日は「じい関連」

たまたまTVを見ていたら

姉親子が街で(銀座)インタビューされた場面を見た

この番組は、次週にも

再放送があるので

TV番組にM子さんとTちゃんが出るよ

出ると言ってもホンの一瞬で注意していないと見逃すけどね

と、兄貴にハガキを出して知らせた

電話をかける方法もあるのだが

兄貴の声を聞きたくないし

用件以外に話題もない

以前、じいが死んだら

元々は兄妹だもの

昔のように

付き合いができるかなぁ

なんて思っていたが大きな間違いだった

兄貴は墓と仏壇は守するが

”一周忌も三回忌もやらんからな”と言っているので

今後、おそらく会うこともない

特に伝える用件がなければ

電話することもないだろう
[PR]
by spremuta-arancia | 2011-06-20 17:29 | じい関連 | Comments(0)