カテゴリ:旅行( 378 )

2/21吉野ヶ里

佐賀城のあと

吉野ヶ里

なんと広い

昭和50年

工業団地を造成するために国が買った土地に

弥生時代の遺跡がある

遺してほしいとの声が上がり

遺したもの

よくぞ遺してくれた

弥生時代話約700年間続いた時代

吉野ヶ里遺跡は

弥生時代の後期を復元整備中
[PR]
by spremuta-arancia | 2017-02-21 15:55 | 旅行 | Comments(0)

2/21佐賀

佐賀城

午前8:40バスに乗って出発

佐賀県庁前にて降車

堀割のなんと大きい

桑名城も大きかったが負けない大きさ

火災に遭って今は大手門と

一部建て直された本丸のみが残った

本丸前にはアームストロング砲

佐賀藩鍋島直正は

我が国西方の警備にあたったため

日本を脅かす大砲に興味を抱き

製錬所を建てて

大砲を作ることに成功した

本丸が現在は歴史史料館になっている

映像もあり素晴らしいが無料である
[PR]
by spremuta-arancia | 2017-02-21 15:50 | 旅行 | Comments(0)

2/20田原坂西南戦争資料館

鹿児島本線植木駅からも資料館へ行けるが

熊本城近くのホテルを取っていたので

バスセンターからバスに乗って出発

45分ほどで植木というバス停に到着

植木からタクシーに乗って田原坂西南戦争資料館

2015年に建て替えたばかりの新しい建物

西南戦争というより西南の役の方がピント来る

日本人同士戦った戦争は歴史上最後

明治維新以降

身分も扶持も取り上げられて不満のたまった士族たちが

征韓論に敗れて下野した西郷隆盛を旗頭に

始めた戦

始めは7~8000人集まっただけだったのが

そのうち不満分子が続々と集まり

何万と増えた

薩摩を出発北へ向かった薩摩軍と

福岡から鎮圧に来た政府軍が激しく当たったのが

田原坂

植木を中心にあちこちで戦端が開いた

今日は台風のような雨風の激しい一日だったので

資料館の周りをあちこち見て回れなかったが

ガイドさんの話を聞いたり

映像を見たりして

充分楽しめた

薩摩軍には

西郷隆盛

桐野利秋

篠原国幹

村田新八

政府軍の中には

その後

日露戦争で名前が出てくる

児玉源太郎

大山厳

山縣有朋

谷干城

奥やすかた

明治10年2月に始まったこの戦

ちょうど140年前の昨日2/19

熊本城が炎上

3/4田原坂

人吉、宮崎、高鍋、延岡と転戦

9/24鹿児島城山で西郷隆盛が戦死

終結している
[PR]
by spremuta-arancia | 2017-02-21 06:50 | 旅行 | Comments(0)

2/20島原

島原城のつもりだったが

荒天の為

島原外港行きのフェリーが欠航になってしまい

行けなくなった

どうしよう

時間をもてあましてしまう

娘は今日の夜の便で羽田へ

私たちは夕方佐賀へ入る予定

たまたまこの日の朝

田原坂西南戦争資料館のニュースを見た

熊本地震により新たに刀剣が発掘されたのを展示してある

へえと思ったけど予定があるので行けないなと思った



チェックアウトしてから

フェリー欠航を知った

よしさっき見たニュースの資料館へ行こう

ということになって

調べた

熊本城近くのバス乗場から

バスに乗って

田原坂西南戦争資料館最寄りのバス停へ着き

そこからタクシーを呼んで

やっと資料館へ着いた

果たしてここが良かった
[PR]
by spremuta-arancia | 2017-02-20 16:30 | 旅行 | Comments(0)

2/19熊本復興応援マラソン

晴れた

1万3000人が参加している

朝は寒かった

スタートまで着ていた夫と娘の上着を預かって

ホテルに置いてから私は水前寺公園へ向かった

帰ったあとふたたび沿道に応援に行った

選手たちはチップの入ったゼッケンをつけているので

アプリをインストールして

ゼッケンナンバーを登録すれば

応援する家族がどこを走っているかわかる仕組み

それを頼りに応援場所で待っていると

タブレットがしきりに

ブーブーいっている

私は無視して娘が来るのを待って声をかけた

するといきなり怒られた

さっきから何度も母さんにメールしているのに

と言う

見ると

お父さんのメアドを教えて

と何通も来ていた

一緒に走っていたが先に行くねと別れたのじゃなく

途中で何かの拍子にはぐれたらしい

体調が悪くなったかと心配してメールしてきた

夫はその後6分ほど遅れて走ってきた

走り去っていった娘から

さっきはいきなり怒ってごめんね

どこかでお父さんを待って一緒にゴールする

とメールがきた

実は

先に帰って火曜日から出勤している娘から

お父さんがケータイを持たずに走っているのはわかっている

お母さんに電話して

お父さんがどこを走っているか

ちゃんと走っているかを

聞きたかった

メールがあった

とにかくよかった

二人とも無事に6時間弱でゴール

復興はまだまだ


これからも応援を続けよう

又来年も来ましょう

ところでホテルドーミーインはいいです

お風呂もあるし

夜泣き中華そばもある
[PR]
by spremuta-arancia | 2017-02-19 12:22 | 旅行 | Comments(0)

2/18九州へ旅行

藤が丘からセントレア

セントレア8:00離陸する

福岡まで

そのあと熊本へ新幹線で行く

夫と娘が熊本復興応援マラソン大会に出場する
[PR]
by spremuta-arancia | 2017-02-18 06:12 | 旅行 | Comments(0)

四国の城廻り

11/24

屋嶋城終了

12:05屋島山上駅出発

12:22琴電屋島駅発

今日の昼も讃岐うどん

13:20高松城[玉藻公園]

野面積み?なのか打ち込み接ぎかな?

よくわからない



瀬戸内の海水を外堀、中堀、内堀に引き込んだ

海城である



生駒の城だが生駒騒動の後

水戸徳川光國の兄の松平頼重が12万石で入封

水戸光國は自分が次男なのに水戸家を継いだことを長兄に対し申し訳ないと思い

自分の嫡男を高松松平家をに養子に出した

明治になるまで

水戸徳川家と養子縁組を繰り返したという


そろそろ帰る時間が気になる

土産物も買わねばならぬ

15:10マリンライナーで岡山へ

16:22発のひかりで帰名した

今回の旅はこれにて終了
[PR]
by spremuta-arancia | 2016-11-25 06:16 | 旅行 | Comments(0)

四国の城廻り

11/24

朝8:00高松の琴電築港駅から瓦町で志度線に乗り換え

琴電屋島駅へ

8:45バスで屋島山上駅へ

同じ電車で屋島へ向かった我々とほぼ同年代の老夫婦

時間の計画を立てずに行動しておられるようだ

山上行きのバスの時刻表

8:45発のところに※印

※は12月~2月は云々

文字が消えていて意味がつかめない

そこで琴電屋島駅に聞きに行ったが

無人駅でわからぬと

右往左往しておられた

しかもタクシーも止まっていないとぼやいている

琴電屋島駅で2組の老夫婦4人しか降りなかったのに

タクシーが止まっている筈がない

私たちは冬季は8:45運行がないと

予めタブレットで検索してわかっていたので

大丈夫ですよまだ11月なので運行しますと伝えた

千葉県松戸市から来たそうな

その二人は何が目的なのか

昨日は小豆島の寒霞渓

その前日は栗林公園へ行ったとか

私たちは屋嶋城「やしまのき」を訪ねる

中大兄皇子の時代

白村江の戦いの後

唐*新羅の侵攻に備え防ぐ砦として築いた

屋嶋城「やしまのき」は

最近発掘調査が進んで

一部復元された

埋蔵文化財発掘センターの作ったアプリがある

wi-fi の環境下でアプリをダウンロードしておいた

城壁の石垣にタブレットをかざすと

cg で城門が写し出されるので

画面のカメラのマークをシャッターすれば

撮影できる

このアプリが重い

アプリをタブレットにダウンロードするために

ドンだけ

孫のビデオを処分したか

ごめんね

屋島の南嶺を一周して

帰途に着く
[PR]
by spremuta-arancia | 2016-11-24 20:30 | 旅行 | Comments(0)

四国の城廻り

11/23

12:02今治から予讃線

13:27丸亀まで

丸亀城は現存天守

天守は可愛らしいのがぴょこんと載っかっているだけだが

石垣が凄い

たかだか6万石にしちゃ

立派な石積み

初めは高松城の支城だったが

高松城主生駒氏が生駒騒動の為

この城も召し上げられ

独立した城になって

山崎氏が入った

城郭整備の途中

嗣子なくお家取りつぶし

京極が6万石で入り

維新まで続いた


ここで娘とはお別れ高松空港へ

私たちは高松へ

夫は懸案のコインランドリーへ行った

乾燥機使用中

ホテル近くのうどん屋で夕食
[PR]
by spremuta-arancia | 2016-11-24 17:06 | 旅行 | Comments(0)

四国の城廻り

11/23

さて夕べのうちに

予讃線で今治に入り

朝から今治城へ登城です

今治駅の近くの散髪屋さんで面白い張り紙を見つけた

病み上がりのため今日は1時で閉店させて頂きます

明日は9時~6時まで営業致します

病気なんだ大変だな頑張って下さい

駅前からバスで今治城へ

途中港の桟橋を通る

船の形のタワーはみなと交流センター

今治は造船とタオルの町

城の敷地内に檜垣為治さんと矢野さんの銅像がある

今治城は海城

お堀は海水が入っている

築城の名手藤堂高虎が造った城だけあって形の良い城

中は木造

金がかかっているが客は少ない

名古屋も河村市長が木造の城を造りたがっている

今治城みたいにならないか?心配

城の周りに市民の運動のためのスポーツマシン
(というほどのものではないが)

背もたれのないベンチがある

お尻のところの座面が低くなっている

腹筋運動のための椅子

私は腹筋苦手

夫と娘はできるが

私はさっぱりできなかった

今治はしまなみ海道の起点でもあるので

至るところに自転車を停められる場所がある

それゆえスポーツマシンもあるのか?

次は丸亀
[PR]
by spremuta-arancia | 2016-11-24 17:04 | 旅行 | Comments(0)

平凡だけど幸せな毎日を過ごすおばさんの日記


by spremuta-arancia
プロフィールを見る
画像一覧