カテゴリ:旅行( 378 )

仙北市長選挙


角館へ行った時、市長選挙の話を町の人から聞きました。

合併した2町1村角館町、田沢湖町、西木村のそれぞれの長が、立候補者しています。

10月30日に行われた選挙の結果が気になったので、新聞を見てみました。

すると、旧角館町の大きなお屋敷の当主が当選していました。
[PR]
by spremuta-arancia | 2005-11-04 17:56 | 旅行 | Comments(0)

駆け足で


東北を旅してきました。

東京駅で「こまち」の切符を買った時、4日間以内でしたらカップルの方にはお得な乗車券がありますよ。

と窓口で言われました。

北海道旅行4日間以内、東北旅行4日間以内なんて、安いかもしれないけど、ちょっと無茶ですぜ。だんな。

ピュッと飛んで行ってピュッと飛んで帰って来る訳にゃいかないもの。

今回の旅行は5日間でしたが結構忙しかったです。それでも降り立ったのは、秋田、岩手、福島だけです。

JRにしたって、そんなに長旅を安く行かれちゃ困るのでしょうね。

宿泊代は削れても交通費をケチることはできません。青春18切符っていうのもありますが、在来線は椅子が硬くてこの年にゃ、ちとこたえます。

今回はコースの関係で次のような手段をとることができました。

田沢湖から、上野までは4日間途中乗降可能な通し乗車券を買いました。

基本的に順番に北から南に下りてきたので(磐越西線の往復もありましたが)

とても重宝しました。

名所と言われるところだけ回る、バスツアーはお安く出来ていますし、ガイドもついているのでいいなと思うこともあります。

でも、私は個人の旅行が好きです。

旅行は準備段階から始まっています。

ガイドブックを買って読んだり、行く先の観光HPを調べたり、どこで宿泊しようか考えて予約をして、旅の計画を立てる楽しみを味わわないのは、もったいないと思います。

それに、団体旅行では考えられない出会いがあったり、城跡へ登って降りる時に服にくっつく草をつけたり、自転車で走ってる時栗を拾ったりします。a0048609_16585273.jpg

会津でこんな写真も撮っちゃいました。

又、今回の旅行はお天気に恵まれたことも楽しかった要因のひとつです。

感謝。
[PR]
by spremuta-arancia | 2005-10-31 16:02 | 旅行 | Comments(0)

みちのくの小京都「角館」


東北新幹線こまちに乗って角館まで行ってきました。

a0048609_974248.jpg映画「たそがれ清兵衛」のロケ地としてあまりにも有名です。

知人の故郷でもあり、一度訪ねてみたいと思っていました。

2005年9月には2町1村で合併し仙北市になっています。

東北の盟主葦名氏は伊達政宗に敗れ佐竹氏を頼り、佐竹氏の移封に伴って角館に移りました。

城(今は城址)を北端に3本道路が走って、城下町ができています。

領主「葦名義勝」によって今日でいう都市計画、中央に「火除け」
もし火災が起きて家を壊さなければならない時に類焼を防ぐため


と呼ばれるメインの道路(道幅が25メートル)があり、城に近いほど位が高い家臣の屋敷があります。

北には武士の居住地、南が商人町。

レンタサイクルに乗りました。

この町は起伏も無く、とても快適ですがお城は別です。

観光客は誰も行きませんが、同行者は必ずお城に行きたがります。

ふもとに自転車を停めて城山に登りました。

町が見渡せる景色のいい場所でした。

逆光なので、写真撮影は残念!

ふもとへは、毎度おなじみ登る時と異なる道を降りました。

草を掻き分けて降りたので、知らないうちについたのでしょう。服にくっつく草をいっぱいつけて、武家屋敷町を歩きました。
[PR]
by spremuta-arancia | 2005-10-30 06:45 | 旅行 | Comments(0)

たつ子像


田沢湖を自転車で一周しました。

20キロあります。

自信がなかったのですが、きつければ途中で戻ればいいし(同行者は同じ道を通るのを最も嫌うので、もしそうなった時は多分一人で戻ることになるだろうが)頑張ってみよう。

レンタサイクル屋さんが、一周するか半周で戻ってくるかで、回り方が逆になりますよ。半周なら左回りがいいです。と言いました。

とりあえず半周します。と答えて自転車を借りました。

有名な「たつこ像」はちょうどトイメンにあります。

そこまで行くのに、左回りの方が見るべきものが多くあり、道路が比較的湖面に近い。帰りはやや起伏がきつい。

のではないかと想像し走り始めました。

木々の間から見える透明な湖、湖面から吹いてくる爽やかな風。

自転車、「チョー気持ちいい」です。

「たつこ像」

「辰子」という美しい女性が永遠の若さと美しさを求めて、泉の水を飲み祈り続けたところ、湖の龍に変わったという言い伝えがあり、それを祀るために
「たつこ像」が建てられた。

高村光太郎の高弟、船越東京芸大教授のS43制作。

コペンハーゲンの人魚像をイメージしていたら、金色なんですね。

帰りは思っていた通り、道が湖面から離れており勾配が急でした。

でも、別な楽しみ見つけました。

道路の脇にはじけた栗が落ちていて、それを拾っていると後から後から落ちてくるのです。

夢中で拾ってしまいました。

ここで自信をつけたことが裏目に出たのが、このブログの「花巻編」です。

しかもこの日と同日です。自分のエネルギーに限界があることを知るべきでした。


a0048609_6492835.jpg
[PR]
by spremuta-arancia | 2005-10-29 05:15 | 旅行 | Comments(0)

人多すぎ


猪苗代湖の桧原湖から五色沼自然探勝路を歩きました。

計画段階の時から、ここは是非歩いてみたいと思っていました。

お天気も良くとても楽しみにして散策路に入りました。

「ガーン」人多すぎです。

歩き終わるまでの70分間、人と擦れ違わないことがない。

後ろから、学生に追い抜かれるわ。

前からは、小学生の集団に出会うわ。

修学旅行か遠足の児童生徒なのですが、まるで通学路のような賑やかさ。

それに私たちのような旅行客でいっぱい。

まるで、渋谷のセンター街(これは言いすぎ)

「旅行客に人気の散策路」とパンフレットにも載っているところです。

私たちも有名な場所だけをピックアップして、旅行しているので、

不満は言えませんが。

噂にたがわぬ素晴らしい景色で、写真撮影のために一休みしたくても、立ち止まることも躊躇われるほどの人、人、人。

人が全くいないとすごく不安になりますが、

あまり多すぎるのも……

程々がいいです。
a0048609_811326.jpg
[PR]
by spremuta-arancia | 2005-10-27 07:45 | 旅行 | Comments(0)

平成の大合併


武家屋敷町をレンタサイクルで走っていると、「どこから来たの?」と声をかけてくれたご婦人がいました。

「愛知県から来ました。」と言うと
「まあまあ遠くからご苦労なことです。きれいな町です。ゆっくり見ていってください。」

「○○家は見ましたか?今ご当主が選挙に立っておられますよ。」
「?」

角館町と田沢湖町と西木村で仙北市

今年10月市長選挙があります。

この町の立派なお屋敷のご主人が選挙運動中だそうです。

町は合併に反対論と賛成論に真っ二つ。
財政の話。庁舎をどっちに持ってくるかの話でもめるんですね。

花巻市も3つの町(聞いたけど忘れました。)と合併、隣接する北上市より人口が1万人多い市が誕生するそうです。

私の住む愛知でも、合併が相次いでいます。

愛西市。北名古屋市。清須市。
豊田市は随分広くなりました。

日本地図を買うのはもう少し先にした方がよさそうですね。
[PR]
by spremuta-arancia | 2005-10-26 07:40 | 旅行 | Comments(0)

旅に失敗はつきもの「花巻編」


田沢湖から北上駅へ

途中

宮沢賢治の記念館へ行くため、盛岡から東北本線在来線

で花巻で降りました。

でもこれが間違いでした。

宮沢賢治の記念館は

「新花巻」にあったのです。

花巻駅前からもバスが出るのですが、

レンタサイクルで行こうと言う私の同行者の意見に従い

バスは諦め、自転車を借りることにしました。

地図には花巻駅から5キロとありましたが、

ときには歩道も無く、

大型のトラックがわきをビュンビュン走る道を

行けども行けども記念館は影も形も現れません。

そしてやっと50分後、かなりの上り坂に差し掛かった頃、

宮沢賢治記念館「この先1km」

標識が現れました。

疲れはピークでしたし、

時刻は夕方4時近かったし、

今夜の宿は花巻からさらに下った北上川の畔のホテルを予約してあったので、

涙をのんで撤退しました。
[PR]
by spremuta-arancia | 2005-10-24 00:11 | 旅行 | Comments(0)

荒城の月

夫婦で東北を旅行。

会津若松「鶴ヶ城」へ行って来ました。

一角に「荒城の月」の歌碑が立っていました。

土井晩翠は会津の「鶴ヶ城」と仙台の「青葉城」をモチーフに

「荒城の月」を作詞したとの記述が。
       
「あれっ?」

確か「荒城の月」は大分の「岡城」を

イメージしたもののはずでは?

旅を終えてから我が家で大論争が起き、

インターネットで調べてみました。

作曲者の滝廉太郎が幼い時過ごした豊後竹田の「岡城」を偲んで作曲した

ものだそうです。

作詞者と作曲者で、モデルにしたお城が違っていたのですね。

次は東北旅行の失敗話を。
[PR]
by spremuta-arancia | 2005-10-22 17:38 | 旅行 | Comments(1)

平凡だけど幸せな毎日を過ごすおばさんの日記


by spremuta-arancia
プロフィールを見る
画像一覧