<   2006年 04月 ( 29 )   > この月の画像一覧

旅館

インターネットで旅館を予約しました。

古そうな建物の写真に「う~ん。どうしようかな」と思いましたが、

結局料金が安いということと、旅館の少ない町なので、他にあっても似たり寄ったりだろうと、ここでもいいや(オーナーさんごめんなさい)と予約しました。

行く前に次の情報は得ていました。

部屋にはトイレもバスもない。

バスタオルも無ければドライヤーもない。

テレビもねえラジオもねえ。(吉 幾三)

テレビはあります。(笑)

旅館へ到着したら、不安的中。

古びた建物。

トイレやお風呂は部屋から階段を下りていかなければ行けません。

お風呂は男も女も同じ。(男女混浴という大浴場ではない)ひとつしかないのです。

今夜は風呂は諦めようか。

夫が先に入って、鍵がかけられることがわかりました。

よかった、鍵がかけられて。

私が入っている時、他の男性の泊り客が入ってきそうになったもの。

それにバスタオルもヘアドライヤーもありました。

トイレもシャワートイレだったし。

旅館の人は親切だったし。

ご飯はおいしかった。(おなかこわしたけど)

寝る前にトイレへ行ってそのあとは朝まで我慢しました。

町を歩いたら結構綺麗な旅館もありました。(ショック)

ここは街道の宿場なので、私たちの泊まった旅館は商人宿だったのでしょう。

旧街道の関所のあった町。

関所跡に入ったら、この関所を通った有名人の名前が羅列してありました。

皇女和宮や吉田松陰の名前がありました。

旅館だけはもう少し綺麗なところがよかった。

それに駅前の食堂も注文してすぐできるかどうか確認することも学習しました。
[PR]
by spremuta-arancia | 2006-04-30 18:54 | 旅行 | Comments(0)

秩父の桜

4月18日に行った時の秩父の桜をもう一度アップロード

人が多い都心を避けて、埼玉県の秩父へ行きました。

あらら、人がいっぱい。

a0048609_94335.jpg


a0048609_9432979.jpg


a0048609_9434560.jpg

[PR]
by spremuta-arancia | 2006-04-29 09:47 | 旅行 | Comments(0)

マンホール

マンホールを写してきました。

伊那箕輪町
a0048609_17505471.jpg


高遠
a0048609_17431552.jpg


次いで木曽福島
a0048609_17444174.jpg

[PR]
by spremuta-arancia | 2006-04-28 17:43 | 旅行 | Comments(0)

帰りました


家路に着く電車に乗る45分前、駅前の食堂へ入りました。

おばちゃん一人が忙しそうにお運びしたり注文を聞いたりしています。

中々私たちのところへ聞きに来てくれません。

やっと来たおばちゃん、『ゆっくり考えてね』

悪い予感がしましたが「もう考えてあります」と注文しました。

厨房でさっきから忙しさに声を荒げていた店主が私たちの注文を聞いて『えっうそ!』

いよいよ予感が的中か?

待っている間に切符を勝っとこうか?コインロッカーで荷物を出してこようか?

思い悩みました。

夫が「おばちゃん、電車の時間が迫っているので早くしてくれる?」

おばちゃんが伝えてくれましたが、それでも注文した物は出てきません。

もはやこれまで。

「すみません、電車に間に合わないから、キャンセルしてくれる?」

中から、『そんなの困るよ。もうできるんだよ』と声がしました

『電車の時間のことなんて最初から聞いてないじゃん』

大声で怒鳴ってます。

発車まであと20分。

やっと出てきました。

おいしかったんです。これが。

10分でさくさく食べました。

一人気を揉んでいたおばちゃんには「急がせてごめんね」謝っておきました。

さて出発。

各駅停車の電車で車窓の風景を楽しんだり睡眠をむさぼることに決めたのですが、

隣の年配のご婦人二人が1時間ほどずっと喋りっぱなしで寝られません。

連れのおじさんはそれでも平気で寝ていらっしゃいました。

どこへ行っても、女性はおしゃべりが大好き。

そうこうしているうちに、地下鉄に乗り換え最寄り駅に到着するや否や、夫は家へ向かって脇目もふらずに一目散。

追いつけません。

私が何か言って夫を怒らせたのかしら?

何でさっさか帰っちゃうのかしら?

帰ってみて納得しました。

夫はトイレに駆け込んでいました。

昨夜、宿泊した旅館の夕食が夫の口に合わなかったのか、食べつけない物を食べて、お腹がびっくりしたのか……。

立ち止まって事態を説明する猶予もなかったそうです。

幸い私は口に合わずほとんど食べなかったので大丈夫でした。

と思ったら、1日経って私にも異変が…。
[PR]
by spremuta-arancia | 2006-04-27 18:36 | 旅行 | Comments(0)

高遠の桜

バスを待つ間の伊那市駅は寒い。

伊那市駅からバスで25分。

行ってきま~す。

a0048609_17401858.jpg


いよいよ夢にまで見た高遠です。

1週間前に満開を迎えた高遠の桜。

気温が低い日が続いたため、今週もまだまだ楽しめるようです。

保科正之が高遠の藩主を務めたのは有名だが、高遠城の歴史は古く、武田信玄の時代からあるそうです。

信玄の死後、四男の盛信が織田、徳川連合軍を相手に勇ましく戦って戦死した場所です。

今は勿論お城はありません。

a0048609_17412132.jpg
維新後、武士たちが家屋敷を切り売りして、何もなく寂しくなった場所に桜を植えたのが今日とても有名になったものだそうです。

私たちを楽しませてくれる為3人の桜守たちが、年間通じて世話をしてくれているのだとか。
a0048609_20161945.jpg

徳川家光の弟、保科正之が5年間だけ藩主を勤めた高遠へ行って来ました。

満開は過ぎていますが、まだまだ綺麗です。

ゴールデンウイークまで楽しめそう。
[PR]
by spremuta-arancia | 2006-04-26 20:16 | 旅行 | Comments(2)

伊那梅苑

a0048609_1728417.jpg

イナバウアーじゃあない。

伊那梅苑。

今年は桜より遅くて、今が見頃。

ゴールデンウイークの頃まで楽しめそうです。

a0048609_17264650.jpg


れんぎょうも綺麗

a0048609_1747532.jpg

[PR]
by spremuta-arancia | 2006-04-25 17:49 | 旅行 | Comments(0)

憲法のお話

女性弁護士さんの講演を聞く機会がありました。

二人の女性会社員が、男性会社員と同様の出世や昇給がされないので、裁判に訴えたそうで、講師の先生が弁護を引き受けた。

入社の時から、男女差があるのが当たり前の会社だったそうです。

男女雇用機会均等法が施行されていたので、裁判には勝って、女性社員は総合職に就くことができるそうです。

その後、会社は女性社員は採用せずいつでも解雇できる契約社員制にしたそうです。

女性社員の身分が保証されない会社がまだまだあるんだなと思いました。

講師の先生の近くのスーパーが正月三が日も休まず、夜も遅くまで営業するそうです。

深夜まで営業したら従業員がかわいそうだとスーパーに意見を書いて意見箱に投函したところ、「他のスーパーとの競争に負けてしまう」との店長の返事が書いてあったそうです。

こんな調子で話が進みました。

小規模作業所で仕事をしている知的障害のある青年は1ヶ月の給料は1万円足らずとか、介護施設でお年寄りの世話をする青年の1ヶ月の給料は15万円ほどだのに。

六本木ヒルズに住む人の年収はいくらだの。

この国は一体どこへ行くのか。

最後に憲法の話になりました。

憲法を改正が発議されることがないようにと思うがもし国民投票なんてところまでいくようなことがあったら、ここに居る人はみなさん「NO」と意思表示して下さい。

基本的に講師の先生の考えには与することができないなと思うところもありましたが、知らないことも多くためになりました。
[PR]
by spremuta-arancia | 2006-04-24 13:44 | 日常 | Comments(0)

買い物も楽じゃない

最近ジョギングにはまっている夫が、記録を上げるために、ランニングシューズを買いたいと言います。

っていうか今まで履いてなかったのかって突っ込まれそう。

そうです。今までウオーキングシューズで走っていたのです。

形から入るタイプではないので、持続したら買おうと思っていた。

始めてから2年半続いているので、今回やっと買うことに決めたという訳です。

ドーム球場の近くにできたショッピングセンターへ行きました。

広いです。

人がわんさか。

東京みたい。

でも結局ほしいランニングシューズはありません。

食事をしたくても、空席がない。

疲れただけでした。

我が家の最寄の地下鉄の駅近くのスポーツショップに寄ってみました。

灯台下暗し。

ありました。

骨折り損のくたびれもうけとはこのことです。

ホント疲れて、腹が立ちます。

穏やかに穏やかにだって。

もう!
[PR]
by spremuta-arancia | 2006-04-22 17:56 | 家族 | Comments(0)

告発

私の居住する地方公共団体の委嘱団体である半官半民組織があります。

私はある試験に合格してその組織に登録し、要請があれば出かけます(交通費及び時給は支給)。

市からその組織には計上された予算配分があり、それを資金として活動します。

これが非常に不透明です。

市から組織にいくら払われているのか。

どのように遣っているかも全部不透明。

唯一わかること。

それは予算がどんぶり勘定的に遣われること。

この組織に隠然たる権力を持つ人望の薄いカリスマがいること。

職員はそのカリスマに気に入られなければ即刻首を切られること。

公的な組織なのに、4月にセンターの館長になった人が、半年も経たないのに、知らないうちに辞めてしまっている。

定年退職したはずのカリスマおやじが館長におさまっている不可思議。

それでも去年までは、この組織に登録している人たちの連絡のために予算が計上されていたのだが、今年の春からはそれさえもなくなりました。

今年からは手弁当で連絡活動してくださいという意味なのでしょうか?

こんな組織おかしいと思います。
[PR]
by spremuta-arancia | 2006-04-21 17:57 | 日常 | Comments(0)

二人で一人前

私たち夫婦は二人で一人前。

と言っても食べる量ではない。

歳のせいか注意力が散漫になって、降りるはずの駅でぼーっとして降り忘れたり、エレベーターに乗っても目的階を押さずにじーっと立っていたり、座席指定番号を間違えて座ったりのミスはしょっちゅう。

先日の旅行は弥次喜多道中だった。
[PR]
by spremuta-arancia | 2006-04-21 17:47 | 旅行 | Comments(2)

平凡だけど幸せな毎日を過ごすおばさんの日記


by spremuta-arancia
プロフィールを見る
画像一覧