<   2006年 09月 ( 24 )   > この月の画像一覧

所信表明演説

今日は疑問に思ったことやわからないことについての演説があるか。

と思って、一生懸命聞きました。

でも、安倍さんって困ったことに言語を明瞭に話すことができませんね。

大量破壊兵器がタャァーリョー、子育てがコサォダァテに聞こえてしまいました。

わからなかった言葉「イノベーション」とは

例えば、

子育て中のお母さんが家にいながらPCや

FAXなどを使って通勤しなくても仕事ができるなど、

現代の科学技術を駆使した制度を確立したいということなのかなぁ。

と思いました。
[PR]
by spremuta-arancia | 2006-09-29 13:46 | ニュース | Comments(0)

innovation

新しい事、物の導入、革新、刷新

新機軸、新制度、

安倍新政権、何がやりたいかまだ見えてきません。

『イノベーション』

やたら、この言葉を耳にします。

もう少し判り易く説明してください。
[PR]
by spremuta-arancia | 2006-09-28 07:39 | ニュース | Comments(0)

感謝の言葉の大切さ

人って褒めてもらいたい生き物なんです。

父親の介護を2年半、感謝の言葉が聞けなかったので父親の世話をすることにストレスを抱え、体調を崩しました。

「ありがとうな」

の一言さえあれば続いたと思います。

それを訴えました。

「小難しいことをいうな」

世話を代わってくれた姉はかわいそうにやはり大きなストレスを抱えています。



現在ある団体の地域の委員をしています。

行事のための告知の印刷物を何人かで作りました。

代表委員が印刷物を見て中身を直せと言いました。

マニュアルはありませんし、こちらは初心者です。

ご苦労様とも言いません。

ねぎらいの言葉があると頑張れるのになと思います。

父親にはアルツハイマーがあるので、「ありがとうな」の言葉は望めないかもしれない。

団体の代表をやるほどの人なら叱るより褒めることが必要だとわかっているだろうにと思います。



人って褒めてもらいたい生き物なんです。
[PR]
by spremuta-arancia | 2006-09-27 17:06 | 日常 | Comments(0)

市バスの中で

a0048609_452575.jpg

市バスに乗った時のことです。
赤信号でアイドリングストップする間、車内にメロディが流れます。
乗車する時、運転手にメロディが流れることを確かめて乗った知的障害の彼。
斜め向かいの座席に座ってうきうきしながら、信号で停まるのを待ち遠しそうにしている様子がとても微笑ましかった。

するとその時、隣合った女子大生の会話が耳に飛び込んで来ました。
「うざったい」
「消えてほしい」
「○○」
最後の一言は記事にするには堪えられない言葉でした。
美しい姿形の女性の口から出た聞くに堪えない蔑みの一言。
心の貧しい人が多いです。
この国の将来を憂える一瞬でした。
[PR]
by spremuta-arancia | 2006-09-26 04:52 | 日常 | Comments(0)

わかる授業

現在、わからない授業をする教師がいる。

なんて報道があります。

自分の頭の悪さはさておいて、

私の学生の頃を振り返ってみますと、

関心があって好きな教科と嫌いな教科の違いもあリますが、

全員がわかる授業をする先生ばかりじゃありませんでした。

私の通っていたのは商業高校でした。

簿記が大好きでした。

1年の商業簿記と2年の会計の授業はよくわかって良い点が取れてましたが、

3年の銀行簿記はさっぱりわかりませんでした。

今でも先生の教え方が悪かったと思っています。

また、簿記以外の商業関係の教科でよく解らない授業をする、定年間近のおじさん先生がいました。

こんなこと勉強してなんの役に立つんだろうなんて思っていました。

定期試験で、クラス全員が赤点になった時、その先生は「みんなに下駄をはかせてやるから安心しろ」

その時はありがたく下駄をはかせてもらった。

今思うと、解らない授業をする先生に責任があったのじゃないのかなぁ…。

解らん授業をする先生は今も昔もいるってことです。
[PR]
by spremuta-arancia | 2006-09-23 10:35 | 教育 | Comments(0)

心の栄養

心が満ち足りている時は人に優しくなれるけど、

その逆の時は何に対しても腹立たしい。

昨日はそんな時だったかも。

午前。

ベランダの丹精のゼラニュームが根っこから、カナブンの幼虫に食い荒らされて。

見るも無残。

新聞にプランターの土を広げてみると、

おるわおるわ

片っ端から踏み潰しました。

そんな話を友人にしました。

「あら、私はカナブンを救う会の会長なのよ」

「マンションの階段で身動きできなくなったカナブンを優しくつまんで空に放してやると、

"ありがとうございます"と言って悦んで飛んで行くわよ。」

さしずめこちらは『カナブンを撲滅する会の会長』

どちらが心が豊かであるかと言ったら、まぎれもなく前者でしょう。

午後。

会議に出た時、話がくどい人がいて、しかもその人の基本的な知識がないことに対し、

こちらの心の貧しさがまたまた黙っていない。

「○○に決まっている」というような強い口調で語ってしまった。

後味の悪いこと悪いこと。

もっと優しくしなくちゃ。

反省。
[PR]
by spremuta-arancia | 2006-09-23 08:48 | 日常 | Comments(2)

日テレアナのセクハラ

<セクハラ>日テレアナ降格 系列局女子アナに宴席で

日本テレビの船越雅史アナウンサー(44)が、「出張中に系列局の女子アナウンサーにセクハラ行為をし、降格されていた」と、22日発売の週刊誌が報じた。

 記事によると、船越アナは巨人戦の中継で地方に行き、宴席で隣に座っていた女子アナにセクハラ行為をしたという。日テレ総合広報部は「詳細については申し上げられないが、就業規則違反の事実があり、降格処分をした」と話している。専門職であるチーフアナウンサーから一般職員となったという。


「ゴルゴルゴル」の船越アナ。

何やったんだろう。

よく勉強していて実況も上手かった。

来年の箱根駅伝は誰が?
[PR]
by spremuta-arancia | 2006-09-22 15:53 | ニュース | Comments(0)

天命を待つハンカチ世代

ゴジラ級の堂上争奪戦、3球団競合

高校生ドラフト屈指の野手、堂上直倫(なおみち)内野手(3年=愛工大名電)は中日、阪神、巨人が1巡目指名する方針。同3球団の競合はヤンキース松井以来。

 堂上をめぐり、セ・リーグの老舗3球団が火花を散らすことになる。今年で42回目を迎えるドラフト。中日、阪神、巨人が最上位で同一選手を指名した例は92年の星稜・松井(現ヤンキース)だけ(ダイエー含む4球団が指名し巨人入り)。高校通算55本塁打の長打力はもちろん、人気も「ゴジラ級」といえる。


甲子園では活躍できなかったが、愛工大名電堂上くんが高校生ルーキーでは一番人気なんですね。

地元に住む者としては嬉しい。

どこに指名されるか?
[PR]
by spremuta-arancia | 2006-09-22 08:16 | スポーツ | Comments(0)

満男はA評価

「小笠原は本物」絶賛のセリエA初陣

まゆつば?

期待されすぎると、ホントに困っちゃう。
[PR]
by spremuta-arancia | 2006-09-22 08:12 | スポーツ | Comments(0)

インボイスドーム

a0048609_18383056.jpg

球場前で電車を降りるとすぐ目の前がボールパーク。
開放的。
歓声が外へも聞こえる。
ここは山の中。
市街地では無理か。
近所から苦情がきちゃう。
[PR]
by spremuta-arancia | 2006-09-21 18:38 | スポーツ | Comments(0)

平凡だけど幸せな毎日を過ごすおばさんの日記


by spremuta-arancia
プロフィールを見る
画像一覧