<   2006年 10月 ( 23 )   > この月の画像一覧

NHKに物申します。

京都府長岡京市の虐待により3歳男児が亡くなった事件。

NHKはあえてニュースに表情、感情を移入しないようにしているのでしょうか?

児童相談所の所長の話

近所の方や民生委員から幾度となく虐待があるらしいと聞いていたのに、実際に男児の家を訪問することはしないで、父親に電話で様子を聞いていました。

父親は「ちゃんと食事は食べてさせていました。手を挙げることはしたが、躾けのためのものでした」

と言っていた。

児童相談所は、以前に男児の姉を保護していました。

姉を家に帰すタイミングを図るためにその家とは良好な関係を保たねばならなかったようだ。

虐待らしき様子を周りから聞いていたのにもかかわらず、父親と電話による連絡しかしていなかった児童相談所。

腹が立つ話だが、このニュースを一言も間違わないようにと気をつけているからか、原稿から顔を上げることなく読み淡々と伝えるNHKのリポーターにとても違和感を覚えました。
[PR]
by spremuta-arancia | 2006-10-30 10:42 | ニュース | Comments(0)

最近気になる言葉

リポーターが画面を指差して

「こちら」

指差された画面の右下に所在地が小さく(小さすぎくて見づらい)表してあるだけで、

音声では何処にあるとの説明がありません。

この場所に在る、とても珍しくて注目すべきものをリポートしたいはずなのに、

「こちら」と指差すだけ。

TVって、必ず画面から目を離さず見ているとは限りません。

ただ、つけているだけってこともあります。

「こちら」

って言われて注目すると画面の右下に所在地が小さく表してあるだけなのは、リポートしたってことにならないのじゃないでしょうか?

これは、NHKの朝のニュース番組です。

ちなみに、この日の番組10分間の内、「こちら」と何回言ったか数えてみました。

5回言ってましたよ。
[PR]
by spremuta-arancia | 2006-10-30 09:30 | 言語 | Comments(0)

総括

中日ドラゴンズの日本シリーズ総括をしてください。

ドラゴンズファンの無念が新庄引退のニュースに埋もれてしまった。


a0048609_14263871.jpg
(新庄を初めとした明るさ)の相違?

プレイオフを戦ってきた気持の強さの差かなぁ?

彼らは普段の気持でできたが、中日は2年前の雪辱で堅くなってしまった?

バントが決められなかった。

普段なら楽に捕れるはずのフライが捕れなかった。


やっぱり気持の差かな?

悔し~い
[PR]
by spremuta-arancia | 2006-10-29 14:22 | スポーツ | Comments(0)

履修不足

全国各地で履修不足でこのままでは卒業が危ぶまれている高校生が大勢いるそうです。

履修する必要があるかどうかは別の論議としましす。



現代社会での問題を浮き彫りにした現象だと思います。

大学への合格率を高めようとするあまり本来学習しなければならない教科を切ってしまった。

効率を求めるあまりに起きた問題です。

一見無駄と思うことも長い眼で見たらとても必要なことを目先の利益を重んじるあまり、切ってしまった。

話が少しそれますが、こんな例があります。

障害者を別の場所で生活をさせています。

例えば、ろう学校。盲学校。養護学校。

私は大人になるまでそういう障害を持つ人たちと出会うことがありませんでした。

そういう人たちが居ることさえも知らなかったのです。

もし、身のまわりに生活していたら。

自分たちの通う学校に通っていたら。

接し方が身に着いて優しくできたと思うのです。

以前に、当ブログにも載せた記事。知的障害の男の子がバスに乗リ合わせたのを女子大生が「うざい」「○○でほしい」と言った。

若い子達が平気でそんな残酷な言葉を口にする。

小さいころから、ごく身近に生活していたら、知らず知らずに優しくなれると思うのです。

ノーマライゼーション

障害者と係わるボランテイアをしていると必ずこの言葉を聞きます。

ごく身近に生活していたら、ことさらこんな言葉を遣わなくてもいいと思うのに。

話がずれてきました。

住み分けをしてきたのです。

優しさを身に着ける機会を目先の効率を重視したために逸してしまったのです。

こういった無駄を捨ててきたツケが今廻ってきたたのじゃないでしょうか?
[PR]
by spremuta-arancia | 2006-10-28 07:30 | ニュース | Comments(0)

ファンは納得していません

ドラゴンズファンは何て物分りが良いのでしょう。

札幌から帰る選手を空港まで迎えに出て、「感動をありがとう」

冗談じゃない。

少なくとも私は納得していません。

何年待ったと思っているんですか?

昭和49(1974)年以来ですよ。

2年前落合監督での始めてのリーグ優勝の時は仕方がなかったが、今回は必ず勝てると信じていました。

札幌での3試合。

マウンドには毎日違うピッチャーが上がっていましたが、

ずっと同じビデオを見せられているみたいでした。

ピッチャーは、岡本を除いてはいいピッチングをしたと思います。

デイフェンスは良かったのですが、オフェンスが悪すぎました。

(後で書き加えました)デイフェンスでも谷繁の野選、井端、英智のエラー等、細かいミスも目立ちました。

点を取るための何の工夫もなかったのでしょうか?

同じシーンの繰り返しでした。

情けなくて情けなくて、悔しくて悔しくて

優勝が決まった試合ではセギノールの2ランホームランが出た時とうとうTVを消しました。

10時30分には、ふて寝をしました。

アレックスのレフトフライは年末まで何度も見せられるでしょう。

戦犯谷繁は新庄の美談の主になっている場合じゃないでしょう。

悔しいついでに言わせて貰います。

NHKBS放送がある日はNHKを観ましたが、そうじゃない日は仕方がなくTV朝日を観ていました。

TV朝日の中継はCMばかりで、特に中日の攻撃の前などはCMが長すぎて、2人ぐらい打席に立ってからようやく放送が始まる始末でした。



確かに日本ハムはそつのない攻撃をするいいチームでした。

でも中日ドラゴンズも同じように良いチームのはずです。

このシリーズは1試合目を除いて全くらしさがありませんでした。

もっといい試合を期待していましたが、全く期待はずれでした。

引退する新庄、ピッコロ大魔王の森本、サムライ小笠原、若いダルビッシュ、監督批判をした金村など話題の選手たちの引き立て役になってしまいました。

ドラゴンズを愛すればこそあえて苦言を呈します。

悔しいと思ってください。

そして必ず来年こそは日本一になってください。
[PR]
by spremuta-arancia | 2006-10-27 21:51 | スポーツ | Comments(0)

しばらく

誰も私に野球の話題をふらないで下さい。

こんな屈辱はありません。

セギノールのツーランを見て野球を見るのを止めてしまいました。

最期(最後)まで見届けろよと、言われるかもしれないが、悔しくて腹立たしくて、たまりません。


全く信じられません。
[PR]
by spremuta-arancia | 2006-10-26 22:12 | スポーツ | Comments(0)

行ってみたい世界遺産

NHKの『世界遺産』で、ベスト30を発表。

10だけ書き写しました。

1、マチュピチュ

2、モン・サン・ミシェル

3、イグアスの滝

4、九寨溝(きゅうさいこう)

5、エジプトのピラミッド

6、アンコール遺跡

7、グランド・キャニオン

8、ナスカ地上絵

9、タージ・マハール

10、ベネツィア

皆さんはこの中のどこへ行きたいですか?

どこへ行きました?

私は2と10へ行きました。
[PR]
by spremuta-arancia | 2006-10-26 09:23 | 旅行 | Comments(0)

里山を歩きました

寒くもなく暑くもなくいい季節になりました。

自治体が地権者から私有地を譲り受け、散策できる道になりました。

アラカシの実
a0048609_14545284.jpg

ゴンズイ
a0048609_14553376.jpg

綿の実
a0048609_14564650.jpg

[PR]
by spremuta-arancia | 2006-10-25 14:55 | 旅行 | Comments(0)

悔しい(>3<)

札幌ドームへ舞台を移した日本シリーズ(「にっぽんシリーズ」と言うアナウンサーもいるが、「にほんシリーズ」の方が良い気がする)第3戦。

1回表、我がドラゴンズが福留のタイムリーで1点先制した(ウッズ、森野が凡退、追加点が取れず)。

しかしその裏、谷繁の野選をきっかけに3点取られてしまった。

朝倉は2回以降立ち直って、追加点を許さなかった。

味方打線がチャンスをダブルプレイなどでことごとく逸した。

特に、野選で逆転の流れを作ってしまった、戦犯の谷繁がチャンスに2回とも三振したのが悔しい。

負けて、一番悔しいのは選手なんだろうが。
ファンも寝られないほど悔しい。

今日の先発は中田かな?

大丈夫かな?
[PR]
by spremuta-arancia | 2006-10-25 06:19 | スポーツ | Comments(0)

この世に鬼が

まさに鬼です。

京都長岡京市で親の虐待によって衰弱死した3歳の男の子。

近所の人たちはその危険性をわかって、注視していたのに残念ですね。


この世に鬼がいるんです。

取って喰われてしまいました。
[PR]
by spremuta-arancia | 2006-10-24 10:34 | ニュース | Comments(0)

平凡だけど幸せな毎日を過ごすおばさんの日記


by spremuta-arancia
プロフィールを見る
画像一覧