<   2007年 07月 ( 32 )   > この月の画像一覧

安倍さん続投?

自民党が惨敗した。

やむを得ないことだと思う。

国民は、安倍さんおよび内閣にNO!

の意思表示を突きつけた。

だが、安倍さんが責任をとることをせず、首相を辞めないと言う。

私は辞めるべきだと思う。

もし辞めないままで責任をとるというのなら、選挙前までの自民党のやり方は改めてもらいたい。

逆風が吹いて、大敗した。

数に任せた強行採決はこれからはできない。

空気を読めない宰相はいらない。

顔を国民に向けるべきだ。

安倍さんが戦後レジームを壊すというのなら、戦後体制と変わらない古い体質の大臣、失言や不祥事のあった大臣は辞めさせて下さい。

安倍さんは身内をかばうのではなく、失言不祥事大臣に説明させるなり更迭させるなりして、断固たる措置が必要だ。

これからは、衆議院で強行採決した法案も参議院では突破できず、返ってくることもあると思う。

自民党の中の非主流(反対勢力)が息を吹き返す。

本当のガラガラポンがおきるかもしれない。

明日の政局はわからない。

予断を許さない状況だ。

ちょっぴり楽しみでもある。
[PR]
by spremuta-arancia | 2007-07-30 07:04 | ニュース | Comments(0)

アルツハイマーじいの扱い方

無視?

喧嘩?

流す?

施設へ週1のペースで訪問するのが私にとっては精一杯なのだが。

じいにとっては不満なのだろうか?

施設に入ってから、色々な物を買い揃え、暮しやすいように図り、仏壇を買ったことで私たちがじいにしてあげられることはおしまいだねと言った。

不満を爆発させ精神的に追い詰められたじい。

『恩着せやがって』

『施設を出る』

と非現実的な、とんでもないことを言い出した。

①ほっとく?(受け流す)

②真剣に怒って勝負する?

③出られるものなら出てみろと煽る?

②をやった。

なんちゅうことを言うんだ。と思った私はじいと言い合いをした。

心臓が悪いはずのじいは頭から湯気が出るほど怒ったが、なんともないようだった。

じいはホンマは心臓なんともないんちゃうか?

私の方が心臓が早鐘のように打った。

頭がまともじゃないじいとちゃんとした話し合いにはならずストレスがたまるだけ。

あほらしい。


本当にやりにくいじいだが、私の親だ。

ほっとく訳にはいかない。

夫が反省点を箇条書きにしてくれた。

1)もう少し、話し相手になってやれなかったか?

2)もう少し、じいをヨイショできなかったか?

3)じいの要求(我儘)に対して、対応の間違いはなかったか?

4)最近、けんか腰の会話しかできなくなったのは何故か?

したたかなじいと、あまりまともに勝負しすぎた反省はある。

私としてはできる限りのことはしてきた。

善後策を講じなければならない。

重い課題だ。

どなたかじいのような御し難い年寄りの扱い方を伝授してくださらぬか?
[PR]
by spremuta-arancia | 2007-07-28 21:53 | じい関連 | Comments(2)

最近気になる言葉

最近気になります。

『つましい』

『つつましい』

の区別。

広辞苑調べ

『つましい』の方は、漢字で『約しい』

倹約である。

生活ぶりが地味である。

『つつましい』の漢字は『慎ましい』

遠慮する。気恥ずかしい。

控えめである。慎重である。

なので倹約して生活をすることを

『つつましい生活をする』は誤用だと思います。

麻生太郎さんの著書『とてつもない日本』の文中。

日本は天然資源に恵まれず、古来より、つつましく互いに助け合っていく以外、生き残る方法はなかった。そして江戸時代までは、「つつましく」で何とかなった。だから鎖国していても十分やっていけた。

あまり上手な文章とは言えないけど…

「つつましく」と書かれている。

「つましく」が正しいと思う。

ただし、広辞苑にこんな言葉もあります。

『つづまやか』漢字は『約やか』

狭く小さいさま

手軽なさま

つつしみぶかいさま

おごりをしないさま

今は混乱して使われているのでしょうか?
[PR]
by spremuta-arancia | 2007-07-26 11:31 | 言語 | Comments(0)

とても残念

サウジ戦

点を取られてもすぐ取り返したのはよかったが、点を取られすぎだ。

FWだってディフェンスをするし、DFも点を取ってもいいのだろうが、

ゴールした中澤も阿部も本来はディフェンスが仕事だ。

点を取るより守る方を頑張ってほしかったなぁ。

サウジは一人ひとりの身体能力が高い。

1点引き離されたあと、サウジの動きがますますよくなり、ジャパンは元気がなくなってしまった。

途中でインターセプトされたりして、自陣でサッカーをさせてもらえなかったが、たまに放ったシュートもゴールもバーに当たったりしてツキに見放された。

残念だった。

対韓国の三位決定戦は是非勝ってね。
[PR]
by spremuta-arancia | 2007-07-26 11:29 | スポーツ | Comments(9)

姉の反応

じいがもう一度船橋に帰りたいと言うかもしれない。

と言ったら

「え゛ー」(冗談でしょ)

姉も嫌なんだ。

二度と帰って来てほしくないんだね。

訳のわからないじいに振り回されていること自体、とても腹立たしい。


こんな年寄り多いのだろうか?
[PR]
by spremuta-arancia | 2007-07-25 21:42 | 家族 | Comments(0)

語録47

先日(7/22)船橋で姉と会って、さんざんじいをこきおろして名古屋へ戻って来ました。

留守中にじいから電話があったそうです。

夫に『K子がいないのなら、あんたでもいいわ。2~3日中に通帳印鑑一切を持って来てくれ。』

通帳を渡したあと、どうするのかをじいに聞きに行きました。

ここを出る。と言うのです。

えっ!

ここを出てどうするつもりなの?どこへ行くつもりなの?

そんなことお前たちに言う必要はない。

まだ冷静な(ここ笑うとこです)判断力があり、自分の頭で考えることができる今のうちに自分で考えて行動するのだ。

お前たちの世話になることはない。

ワシのことは構うな。

とにかく出るんだ。

出てからなんとかするから、とにかく持って来いの一点張り。

先のことを考えないで、無理なことばかり言う。

無理を言っている認識がない。

ボケているとしか思えない。

子どものやんちゃと一緒だが、子どもと比べて始末に悪い。

ワシはおまえたちの親だ。

何でもいいからワシの言うとおりにしろと親の権威だけを振りかざす。

じいの願いに叛いて仏壇を引き受けられないと断った私たちには、これ以上世話になりたくないのか?

姉ならなんとかしてくれる。と思っているのか?

夫も私もじいの信頼を完全に失った。

堂々巡り。

これ以上話をしても、埒があかない。

とげとげしい会話でとても話し合いにならない。

通帳は失くすと困るのでじいに預ける訳にはいかない。

じいが我々を信用しないので、通帳や印鑑などは姉に送っておくからと言って今日は帰ってきました。

姉がもうすぐ熊野旅行を兼ねて名古屋に来るので通帳のことや仏壇のことを姉に頼むことは想定していました。

でも、6ヶ月ほど前に入所したばかりの施設を出ると言ったことは想定外でした。

施設職員は優しくよくしてくれます。

何に対しても不平不満ばかりで暮しているじいは、どこへ行っても満足することはないでしょう。

いい加減、心穏やかに、暮してくれないものかなぁ。

穏やかなじいになってくれないかなぁ。
[PR]
by spremuta-arancia | 2007-07-25 17:45 | じい関連 | Comments(0)

いささか旧聞なれど

7月21日。

子どもたちが住んでいる東京の家で、オーストラリア戦を、ライブより2時間遅れて録画で観ました。

娘も息子も、ライブの時間には帰って来れない。

2時間遅れで観るから、母さんは一緒に遅れて観てね。

わかりました。

観たかったが、子どもたちが帰ってくるまで我慢して待っていました。

いよいよ、9時。

ビデオならぬハードディスク観戦。

これがすごいことです。

試合開始から2時間しかたっていないことは、つまりまだ試合中ってことです。

なのに、録画しながら再生できる。

追っかけながら観られるってことですよね。

1対1。

延長。

決着つかず。

PK戦。

川口の好セーブ。

私たち親子は大騒ぎ。

でもここに実はタイムラグがある。

世間はこの時日本が勝ったことを知っている。

ご近所は何を騒いでいるのか?と思っただろう。

しかし、録画が3時間しか予約がしてなかったためストップ。

試合終了まで観られなかった。

高原が外したのは観ていないが、勝ててよかった。

さて明日は、サウジ戦。

今度は生で観なきゃ。
[PR]
by spremuta-arancia | 2007-07-24 22:52 | スポーツ | Comments(0)

語録46

留守の間にじいが電話で通帳、印鑑一切持って来てくれと。

じい、本気か?

姉のM子に聞いた。

もしも、仏壇を守してくれ。

通帳、印鑑預かってほしいと言われたら?

仏壇については名古屋の私たちは兄貴に見てもらうのが筋だと断った。

姉の答えはこうだ。

通帳は身近にないと困るので姉が預かることにしておいて実は今まで通り金庫に入れて置く。

仏壇については名古屋の私たちは兄貴に見てもらうのが筋だと断った。

じいは兄貴が嫌いだから、兄貴に守してもらいたくないと思っている。

仏壇の事は船橋の姉の家にいる時からじいは誰がみてくれる?とよく言っていたらしい。

ご主人のS男さんは、私達がみるよと返事をしたらいいと言っていたそうだ。

姉夫婦と私たちとここの部分で考えが違います。

姉たちは仏壇の守を引き受けていいのだろうか?

じいが自分で引き起こした過ちを解決しようとしないまま、仏壇を託すことは過ちも全て姉の子どもや孫の代までに丸投げしてしまうということです。

到底聞けるものではないと思います。

東京で、姉と会ってさんざんじいをこきおろしてきたが、姉夫婦と私たちとここの部分で考えが違います。
[PR]
by spremuta-arancia | 2007-07-24 19:15 | じい関連 | Comments(0)

レミゼ

a0048609_5362597.jpg

レ・ミゼラブル

名古屋へは来ないので、東京へ行って観て来ました。

今井清隆さんのバルジャン。(歌も上手い)

阿部裕さんのジャベール。(もう少し痩せましょう)

永遠に続くカーテンコール。

3~4回位観たい。

トリプルキャストとかカルテット(?)キャストとかだから。

テナルディエ夫妻(森公美と安崎求)サイコー。
[PR]
by spremuta-arancia | 2007-07-23 05:36 | 文化芸術 | Comments(0)

六本木レジデンス

a0048609_1750071.jpg

六本木ヒルズはまるで迷路です。

おのぼりさん。

東京ミッドタウンへも行きました。

人が多いです。
[PR]
by spremuta-arancia | 2007-07-21 17:50 | 旅行 | Comments(0)

平凡だけど幸せな毎日を過ごすおばさんの日記


by spremuta-arancia
プロフィールを見る
画像一覧