<   2009年 06月 ( 36 )   > この月の画像一覧

延命

犬の話を!

夫の実家の愛犬

齢18歳

老犬だ

目は見えないので餌も見えない

ドッグフードを叩いて細かく砕いて鼻面へ持っていって食べさせる

歩くのも覚束無い

それでも散歩に連れて行けって

真夜中でも、家の中を(徘徊)しようとして床をガリガリして喚く

仕方なく家人が右の前足と左の後ろ足とを

操り人形みたいに支えて持ち上げながら

(そうしないと歩けない)

町内や家の中の絨毯の上を散歩させる

家人が優しいので今でも生きられるが

そういう方法を施さねば

今頃は死んでいたであろうと漏らす

看るに看かねてやったことが

今では家族の精神的、経済的、肉体的な負担になっている?

やるだけのことはしてあげたという満足か?

それともあの時、楽に死ねたものをということか?

家族としても複雑なところだ

これはあくまでもペットの話だ
[PR]
by spremuta-arancia | 2009-06-30 06:05 | 家族 | Comments(0)

おはよー

集団登校のために集合している子どもたちに

おはよーって声をかけても

誰も返事してくれない

完全無視される

いまどきぶっそーだから

知らない大人に声をかけられても

無視しなさいって親から言われているのかしら

blogの仲間で田舎暮らしの彼女

子どもはみんな素直そう

子どもの方から

おはよーって声をかけてくれそうだね
[PR]
by spremuta-arancia | 2009-06-29 22:49 | 日常 | Comments(0)

陸上競技

記事

今年の世界陸上の選手選考会が行われていますが

日本はあまり陸上競技は人気がないのか

ニュースで伝えられることが少ない

昨日、男子100メートルで日本歴代4位という素晴らしいタイム(10秒07)が出た

しかも大学生だ

若い人が育っている

この種目は個人で世界大会の決勝に残ることは難しいが

北京五輪のときみたいに

400メートルリレーでメダルを獲得する期待は持てそうな気配

女子も頑張ればリレーの決勝に残れるかも?
[PR]
by spremuta-arancia | 2009-06-29 06:00 | スポーツ | Comments(0)

この花

a0048609_13261918.jpg

何ていう花ですかね?
本当はもう少し青いんです
a0048609_1645890.jpg

アガパンサスというらしいです。
[PR]
by spremuta-arancia | 2009-06-28 13:26 | 日常 | Comments(0)

政界再編

ガラガラポン

なんだか

風雲急の様子

ますます目が離せない
[PR]
by spremuta-arancia | 2009-06-27 07:42 | ニュース | Comments(0)

最近の話題

ニュース番組の中で

最近は結婚式にお金をあまり掛けない

という話題をやっていました

カップルを紹介するとき

花婿Aさん27歳

花嫁Bさん弱冠20歳

って言いました?ん?

女の人にも弱冠という言葉を使うの?

違和感がありウィキで調べましたところ

元々は20歳男子に用いられた言葉だが

今では

弱冠7歳とかも言うし

女性にも用いられるようになったと

記述がありました

言葉って変わっていくものですね

参考に

※この参考記事中「異和感」はおかしい
普通「いわかん」と入れれば「違和感」と変換されるはず
[PR]
by spremuta-arancia | 2009-06-26 01:01 | ニュース | Comments(0)

無題

a0048609_1564311.jpg

この木は何という木でしょうか?

a0048609_0514076.jpg

[PR]
by spremuta-arancia | 2009-06-25 15:06 | 日常 | Comments(4)

障害って?

私が子を産むとき

母はいつも必ず五体満足か?を心配していました

全盲の辻井伸行さんがヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールで見事優勝した

インタビューの女性が

見えなくて不便だと思ったことは?と聞いたそうで

あとでその女性が散々叩かれたそうです

見えるのが当たり前

聴こえるのが当たり前と思っているので

見えないのは不便に違いない

聴こえないのは不便に違いないという発想がある

健常者は可愛そうだと上から目線でモノを言う

人には見えるのに自分は見えないのは不幸だとか

人には聴こえるのに自分には聴こえないのは不便だと思うのかしら?

だから、障害のある人に質問するとき、そんな質問になってしまうのかな?

どんな答えを期待してその女性が聞いたのか知らない

見えない世界が当たり前の彼に何が不便かと聞いても…

障害があるのに偉い

不幸なのに感心

と思いたいのかな?

まあ、世間は美談が好きだからな
[PR]
by spremuta-arancia | 2009-06-24 07:11 | 日常 | Comments(0)

ピック病

ピック病と言う病名は初めて聞いた
症状は認知症についての番組で見たことがある
他人のお菓子を悪びれることなく横取りする
他人に対して暴言、暴力を振るう

インターネットで調べた

「 感情や欲求を抑えることができなくなり、自分の思うがままにふるまう」
じいは私たちに対して思うがままに言い、ふるまうが他人に対してはそうじゃない

「ことばの意味がわからなくなったり、話すことができなくなるといった失語の症状が出る」
それは確かにある

じいだけでなく私も既にそうだ
(余談だが
勝谷誠彦さんなどは立て板に水の如く言いたいことがすらすら出てきて実に羨ましい)

我が儘を言う
コミュニケーションも取れないなど

じいにはピック病に近い症状もあるが
認知症になる前から我が儘だったじい

ワシの言うことを聞け
ワシに傅け(かしずけ)
もっとワシをかまえ

という独りよがりなところがあったので
認知症に気付くのが遅れた

歳をとって我が儘な性格に磨きがかかったぐらいに思い
嫌な性格が研ぎ澄まされたくらいだと思ったが
実はこれが認知症だった

何度言ってもわからないところなど正に認知症だ

同じ説明を繰り返す必要がありそうだ

母が亡くなって7年4ヶ月

私たち姉妹は

じいのわがままを聞いてきた

というか、振り回されてきた

もうたくさん

三度三度の食事がちゃんと食べれる

それどころか足りなくて腹が減って仕方がないと言う

まだまだ当分長生きしそうだ

何もかも面白くない

何が楽しみな訳でもない

人と仲良くしようと努力しない

わがままばかり言っている

どこへ行っても同じだ

もうたくさん
[PR]
by spremuta-arancia | 2009-06-23 09:40 | じい関連 | Comments(4)

ピック病とは

姉メール
日曜日、じいから電話がかかって来た。
いつもの様に一方的に喋って私の言っている事は聞かない。
聞こえないのか聞く耳を持っていないのか。
そこを出てどこへいくの?
なんで出たいの?
私の家はもう受け入れできないよ。
じいには、お金はないのにどうやって生活していくの?
と私が言っているのに、もう決めたから、どうやってそっちへいけるのか?
来なくていい。
じゃ勝手にすれば。
200円分しか入れてないので電話は切れた。
今日、電話では聞いてくれないから、同じ事を書いて出したが
認知症のじいにはわからないかもしれない。
この間テレビで、認知症にはアルツハイマーとピックがあると言っていた。
初めて聞くが、ピック症は要求ばかりを言う病気らしい。
まさにじいの病気だ。
だから要求を聞いても又、次々要求すると思う。
辛いだろうが言わせておくより仕方がないようだ。


アルツハイマー病
記憶をつかさどる脳の海馬やその周辺が冒される。主な症状は、もの忘れなどの記憶障害



ピック病
前頭葉の機能が低下。
感情や欲求を抑えることができなくなり、自分の思うがままにふるまう行動が出る。側頭葉の機能が低下。
ことばの意味がわからなくなったり、話すことができなくなるといった失語の症状が出る。



自制力低下(粗暴、短絡、相手の話は聞かずに一方的にしゃべる)
感情鈍麻、異常行動(浪費、過食・異食、何でも口に入れる、
収集、窃盗、徘徊、他人の家に勝手にあがる)などがあり、
人格は変わり(無欲・無関心)、
感情の荒廃が高度で、
特に対人的態度が特異である。
たとえば、人を無視した態度、
診察に対して非協力、
不真面目な態度、
ひねくれた態度、
人を馬鹿にした態度などで、病識はない。
その他、
会話中に同じ内容の言葉を繰り返す滞続言語(滞続言語とは、特有な反復言語で、
質問の内容とは無関係に、
何を聞いても同じ話を繰り返すもので、
他動的に誘発され、
持続的で制止不能である)も特有である。

子どもの発達障害みたいですね
[PR]
by spremuta-arancia | 2009-06-23 06:04 | じい関連 | Comments(0)

平凡だけど幸せな毎日を過ごすおばさんの日記


by spremuta-arancia
プロフィールを見る
画像一覧