<   2010年 02月 ( 21 )   > この月の画像一覧

女子フィギュア

涙の銀メダルだった

先週金曜日

とある小学校へ

用事があって出かけました

昼休憩が終わって

5時限目が始まるちょっと前

真央ちゃんの出番でした

どこの教室でも

TVを観ているらしく

子どもたちの歓声が聞こえていました

そこでちょっと気になったこと

真央ちゃんを応援するのはいい

ジャンプが決まって騒ぐのもいい

ちょっとミスして「あーぁ」とがっかりするのもいい

でもライバルの外国選手が

ミスすると拍手して喜んだり

ジャンプを成功させると

親指を下向けて「ブーイング」したり

するのはいただけない

先生も一緒に観ていたのに何にも言わない

俳優の『渡辺哲』さんに似たごっつい顔の先生

子供達が可愛いと言うてはった

褒めて育てるんだな

マイナス面には目をつぶって指摘しないんだな
[PR]
by spremuta-arancia | 2010-02-28 21:19 | スポーツ | Comments(0)

じいの施設を訪問

一人でじいの施設へ行った

昼過ぎ12時50分に行ったのに

ぐうぐうzzz

よく寝られるもんだ

「おじいさん!また寝てるの?昼間なんだから起きてたら」

『K子か!ワシと話をしてってくれ』

私はじいと何も話すことはない

顔を見に行くだけだ

それにじいの話はろくな話じゃない

言いたいことは決まっている

『ここを出たい』

早速TVを点けた

ちょうど真央ちゃんが滑っていた

ジャンプが成功したようだ

嬉しそうに笑顔で滑っていた

キムヨナさんには叶わないだろうが

真央ちゃんとしては上出来だった

私は大きな拍手をした

じいが『何で手を叩いているのだ?』と聞く

「TVを見て拍手をしているんだよ」

ボケた年寄りには全く興味がないようだ

ボケて食べるか寝ているかだけの生活なんて

生きている意味がない
[PR]
by spremuta-arancia | 2010-02-24 16:30 | じい関連 | Comments(0)

徳川園


a0048609_18282226.jpg

a0048609_18283874.jpg


今日は暖かかったですね

黄色い蝶も舞っていました

日常の嬉しさを満喫しています

でもあまり遊びすぎても良くない

程々が丁度良い
[PR]
by spremuta-arancia | 2010-02-23 16:45 | 日常 | Comments(0)

引き際

岡部、悔しさバネに飛び続け 引退後を考えた言葉も…

主将岡部にとっては悔しさが残るオリンピックだった

引き際って難しい
[PR]
by spremuta-arancia | 2010-02-23 07:14 | スポーツ | Comments(0)

スポーツというかニュース

競泳女子メダリストが自民党公募に応募へ 参院徳島

2000年シドニー五輪で競泳女子400メートルメドレーリレー銅メダリストとなった源純夏氏(30)が、
自民党徳島県連が実施している夏の参院選徳島選挙区(改選数1)の公募に近く応募することが
9日、わかった。
関係者には、女性やスポーツに関する問題に取り組みたいとの抱負を示しているという。
自らの同日付のブログにも、参院選出馬の決意を示している。
現在は徳島市に在住。スイミングインストラクターとして活動している。

[PR]
by spremuta-arancia | 2010-02-19 07:13 | スポーツ | Comments(0)

徳永君のCDが

我が家のMDプレーヤー

調子悪い

徳永君のCDが飛ぶ

買い換えたいが

確定申告をしたら8万円くらい

徴収されるらしい

ギョッ!

ところで

じいの居室のクローゼットが

ここのところ

ジャージ、スウェット、紙オムツで占領されてきた

じいの大切なお洒落なスーツ及びコート、帽子、黒の靴は既に無用の長物

←3年前の黒い靴のなぞのエントリ参考に

思い切って棄てます
[PR]
by spremuta-arancia | 2010-02-18 07:04 | 日常 | Comments(0)

通院日

姉:
ご苦労様でした。

良かったね。今日は嫌味を言わないほうのじいが出て来て。

これからはいろんなパターンのじいが出てくるかも


私:
同様に介護人生を送る友人に(彼女は義母を看ている)話したら

朝はまだエンジンがかかっていないんだと

お宅もそうなんじゃない?

って言われた
[PR]
by spremuta-arancia | 2010-02-16 03:10 | じい関連 | Comments(0)

通院日

腰椎骨折から約3週間

その後の様子を診てもらうために

整形外科へ通院しました

「おじいさん。お早う」

頭を下げて『今日はお前さんが来る日きゃぁ?』

いつも、病院へは私が行っているんですけど

「私が誰かわかる?K子だよ!」

わからない様子

どうやら、施設の職員か誰かと間違えられているようです

『ワシの娘と同じ名前だねェ!』「あんたの娘のK子だよ」

『そうきゃぁ?いつもと帽子が違うようだが』

(?)

今日は寒いから帽子をかぶって行きましたが

帽子が違うから娘じゃないみたいに言われちゃいました

今朝、夫が使っていない毛糸の手袋をおじいさん用にとくれました

「おじいさん手が冷たいでしょう」

私の手のほうが冷たいぐらい、結構暖かい手をしていました

「これをはめるといいよ」と渡しましたが

たいそう喜んで『いつもお世話様です』他人行儀に言われちゃった

レントゲンを撮った結果

1ヶ月後に来るようにと言われ診察は終わったが

待っている間はずっと寝てばかり

施設へ帰ってすぐ昼食だったので

「じゃあね!帰るね!」と帰ろうとすると

『有難うね!』って言われました

今日は最初から最後まで全く他人様の面倒を看たような通院日でした
[PR]
by spremuta-arancia | 2010-02-15 18:15 | じい関連 | Comments(0)

じいの施設を訪問してきました

1週間に2回も行ったんですよ。我ながらあっぱれ!あっぱれ!

午後1時に行ったのにベッドでぐうぐう寝ていた

カーテンが閉まっていたので開けてやった

おまけに、オリンピックのTVをつけてやった

クローゼットの中をごそごそ整理した

自分で服の着脱ができていた時は

ジャケット、ズボン、ロングコートとお洒落な帽子を出してあったが

最近は歩けず車椅子生活で排泄もままならない

お洒落な物は一切着られなくなってしまった

いつしかクローゼットの中はジャージとスウェットばかり

じいはダウンのハーフコートも持っているのに着る気がないようで

衣装ケースにしまい込んだままだった

今日思い切って衣装ケースから出しておいた

病院へ行く時はこれを着せてもらおう

この次行く時、ジャケットなどを捨てるために大きな袋を持って行こう

ざまあ見ろです

2~3年前

ワシは一人ぼっちで寂しい寂しい(今も言う)

ワシのために施設へ来て衣替えなど身の回りの世話をしてくれ

と、ほざいておった

自分で何でもできるうちは自分でするようにと全く手出しをしなかった

じいの物にさわると『ワシの物にさわるな』と言っていたくせに

全く言うことが矛盾だらけだった

じいが私に気づいて起きた

『TVは何をやっているの』?と聞くから

冬のオリンピックが今日開幕して開会式をやっているのだ

と説明したが全くわかった様子はない

『あぁーあ』とか言ってまた寝てしまった

そのくせやっと起きたと思ったら

『ここを出て帰らにゃいかん』

ちょうど覗きに来たお気に入りの看護師に『もう帰ります』と言った

「どこへ帰るの?Hさんの家はここでしょう?」

また黙った

じゃね!帰るわねと退散した

施設を訪問する時は玄関で入退出時刻、滞在時間を記入するが

今日はおそらく最高新記録?1時間30分
[PR]
by spremuta-arancia | 2010-02-14 01:35 | じい関連 | Comments(0)

ある政党の

ある議員さんの後援会

断りきれない事情があってやむを得ず

参加した

随分多くの方が参加していてびっくりした

議員さんの挨拶があった

昨年の8月の総選挙によって

政権交代が実現した

これは平成維新である

自分は山川出版社の高校生の歴史の教科書の中の

明治維新から昭和20年敗戦までの

年表を大きく引き伸ばして

事務所の部屋に飾っている

1867年大政奉還があって

1868年戊辰戦争があって

旧幕軍が負けても

まだ、西郷隆盛を初めとした一部士族の不満分子が決起

1877年西南の役が起きて

それを治めて

明治維新から10年ほど経ったところで

明治の時代がようやく軌道に乗り動き始めた

ということで

今は平成維新元年であるから

軌道に乗るまでには

まだまだしばらく待って頂かないといけない

なんて話をした

幕末と維新

自民党政権から民主党政権

喩えがあまりにかけ離れすぎている

こんな話で納得する人はそうはいまい

このおっさん歴史は好きと見える

それでは私の好きな石破さんは近藤勇?

河野太郎ちゃんは榎本武揚?

維新後生き残れるの?

石原伸晃さんは勝安房守?

案外、平沢勝栄さんかも?
[PR]
by spremuta-arancia | 2010-02-13 18:38 | 日常 | Comments(0)

平凡だけど幸せな毎日を過ごすおばさんの日記


by spremuta-arancia
プロフィールを見る
画像一覧