<   2010年 04月 ( 31 )   > この月の画像一覧

帰ります

a0048609_1933347.jpg

初七日

目の回るような忙しい2日間でした

お疲れ様でした

皆様コメントありがとうございました

この場にてお礼申し上げます

母の人柄か

弟の人徳か

98歳で亡くなった母の告別式にしては大勢の参列者でした

日頃会わない方と久しぶりの再会、旧交を温めた

これも母の意向か?

さぁ日常に今から帰ります
[PR]
by spremuta-arancia | 2010-04-29 19:03 | 家族 | Comments(0)

in倉敷

夫の母

4月27日午後3時46分永眠

昼過ぎに目を開けた時、微かに意識を取り戻したようで、来ている人が名乗ると頷いてくれた

これが最期

その時のメンバー、同居の弟、夫の姉、叔母(母の妹)、夫

始めて人の死を目の当たりにした

安らかに苦しむことなく眠るように

穏やかな人柄を象徴するような最期だった(by夫)

昨夜が通夜

本日が告別式
[PR]
by spremuta-arancia | 2010-04-29 06:41 | 家族 | Comments(0)

合掌

夫の母親が

先ほど

息を引き取りました

穏やかに逝ったそうです

98歳でした

天寿を全うした素晴らしい生涯でした
[PR]
by spremuta-arancia | 2010-04-27 17:01 | 家族 | Comments(5)

嫁さんが心配です

夫の母親は抗生剤が効いたのか落ち着いている

心配なのは同居している弟さんの嫁さんの方

8年前、皮膚癌になっていたらしいが

移植をして治った

その後毎年検査

転移はなかった

今年になり、検査したところ肝臓に転移していることがわかった

この後、骨盤や頭部を調べる予定

本人は直接医師から告げられたが、気丈でしっかりしている

逆に自分より旦那が心配だから元気づけてやって下さい

と頼まれた(by夫)

介護のblogを幾つも読むにつけ

介護されている側より

している側の(舅、姑にとって嫁、実親にとって娘)

健康を害している話が多々ある

病気にならずとも胃痛、腹痛、腰痛、など

ストレスに因るものだ

私もじいの世話で明け暮れていた頃

耳がおかしくなった

音が二重に聴こえて実に不快だった

耳鼻科へ行くと

ストレス、疲れが主な原因

1週間点滴を続ければ嘘のように治ると言われ

ホントに治った

弟の嫁さんが病気になったのは

介護をしたからと言っている訳ではないが

長生きするというのはいいことばかりではない
[PR]
by spremuta-arancia | 2010-04-27 10:15 | 家族 | Comments(0)

八重桜

a0048609_858145.jpg


いよいよ

夫の母親が

あぶないようなので心の準備だけはしておこうと思います

困ったことに

同居している弟の嫁さんも体調を崩して

明後日から入院するそうです

明日、急遽夫が帰ることになりました
[PR]
by spremuta-arancia | 2010-04-24 08:58 | 日常 | Comments(2)

施設訪問

じいはお昼ごはんを食べ終えて食堂で休憩中

じいの前に座っていらっしゃるご婦人は

頭はしっかりしてるのですが

普通食は召し上がれないので

刻み食というより全く原型を留めてはいない流動食で

匂いと味で辛うじて何を食べているかを認識できる程度です

完食されました

美味しいのかなぁ?

美味しかったですか?

聞くのもおかしいので黙ってました

じいは固形物をちゃんとお箸を使って食べていますが

頭はモヤッとしています

じいがここにいても退屈だろう早く部屋へ行こう

と自分で車椅子を足でこいで動かそうとしたり

立ち上がろうとしたりしました

じいの言うことは要領を得ません

全く会話になりませんので

食堂に居ても部屋へ帰っても同じことです

ヘルパーさんはそんなじいにも辛抱強く接してくれるので

ホントに頭が下がります

部屋へ帰ると結局すぐに寝てしまいましたので帰ってきました

姉:じいとは会話にならないことはいいんだかつまらないんだかビミョーだね

私:じいは以前、話は出来ても文句ばかりで楽しくなかった
  今は文句は言わないが会話にはならない
  確かにビミョーだ

姉:夜は夜で寝るんだろうね。

私:多分ね。朝病院へ連れて行く時も中々起きないらしい

  部屋へ行くと、お前が座る椅子がないなぁと心配してくれた
  気にしないで!と返事した
  以前にはなかったことだ
  訪ねて行っても不平不満のオンパレードで人を気遣うことはなかった
  行っても文句ばかり言うんだろうなぁと思っていた頃に比べると
  行くのが苦痛ではなくなった  
[PR]
by spremuta-arancia | 2010-04-23 18:21 | じい関連 | Comments(2)

サークルで

a0048609_14533892.jpg

a0048609_17274100.jpg

乳酸菌飲料会社の
工場見学会と食事会
見学のあとの記念写真撮影で
商品名の後に
ヤ○○○大好きと言わなきゃいけなくて
別の球団を応援している私としては
魂を売るような気がして嫌だった
[PR]
by spremuta-arancia | 2010-04-21 14:53 | 日常 | Comments(0)

春の夢

老いた父記憶とともに散りし花

春霞昔を語る好々爺
[PR]
by spremuta-arancia | 2010-04-21 06:28 | じい関連 | Comments(0)

じい

10日ぶりにじいを見て機能回復していることに驚いた
立とうとするんだもの
それでもいくつかの認知特有の症状もあった
親しい人(戦友)が近くへ来ても挨拶もしない

食事が済んだら
すぐ寝たがる
これに排泄を加えたら
人生の大事な三つの要素である

ヘルパーがトイレへ座らせようとすると嫌がる
人の前でするのは恥ずかしいのか?プライドか?
もういい!と言って嫌がる

ヘルパーは世話をしている時間内に何とかトイレを済ませようとする

じいはヘルパーの見ていない時に
ベッドから立ってトイレへ行こうとする

この凌ぎ合い

じいが寝たので私は帰って来たが

居室の階のエレベーターホールの前には
昼食を終えた入居者が
集まって談笑中?

中には笑顔も表情もなく、ただ座っているだけの人もいる

自分の意志で集まったのか?
それとも座っていましょうね!と言われたのか?

居室で座らせておくと
ヘルパーがいちいち訪ねなきゃいけないが
集めて座らせれば目が行き届く

そこでお茶のサービスをして
午後のレクに繋げるのである

意地悪な言い方をしたけど
目が届くほどの人数だけヘルパーを
配置できないので仕方がない

午後のレクは自由参加なので
心待ちにしている人もあれば
じいのように全てパスする人もある
じっと座っているだけの参加者もある

まだ元気だったじいが寂しい寂しいと文句ばかり言っていた頃

レクに参加すれば!
退屈凌ぎになるよ!
と勧めても

あんなもの疲れるだけだ!
と言って一切参加しなかった

一日が、食事、睡眠、排泄
この三つに集約されてしまった昨今である

さう言えば
じいに聞いたことがある

食って、ク○して、寝て、起きて
子が親になり子が親になり

ってね
[PR]
by spremuta-arancia | 2010-04-20 05:58 | じい関連 | Comments(0)

施設で

じいの友達に声をかけられました

じいより2歳上、つまり96歳だそうです

私をお孫さんですか?

なんてお世辞もお上手な方です

皆さんが揃って食事をされている食堂へ私が訪ねていったので

話をしにきてくれたのです

じいとはよく話をしたそうですが

じいが最近は元気がなく話が出来なくなって心配していると言われます

共に日支事変に赴いた

第18連隊だそうです

あとでじいに聞いてみましたら

第6連隊だと即答しました

即答したから満更間違いでもないと思う

ウィキで調べたところ

第18連隊は豊橋

第6連隊は名古屋

じいが戦争に征ったことは知っていたが

詳しく聞いたことがなかったことを

今更ながら後悔しています

もう遅い

記憶が薄れてしまっているし

じいは過去の写真を全部処分してしまった
[PR]
by spremuta-arancia | 2010-04-19 18:06 | じい関連 | Comments(2)

平凡だけど幸せな毎日を過ごすおばさんの日記


by spremuta-arancia
プロフィールを見る
画像一覧