<   2010年 11月 ( 33 )   > この月の画像一覧

信じられない

29日に開かれた「議会開設120年記念式典」で、

民主党ベテラン議員が、秋篠宮ご夫妻に対し

「早く座れよ」などと野次を飛ばしていたことが分かった。

野次を聞いたみんなの党の桜内文城参院議員が、

30日朝の自身のブログで明らかにした。

桜内氏のブログによると、

先に式典会場の参院本会議場にお入りになった秋篠宮ご夫妻は、

天皇皇后両陛下のご入場まで、ずっと起立されていた。

その最中に民主党ベテラン議員が

「早く座れよ。こっちも座れないじゃないか」

と野次を飛ばしたという。


信じられない
[PR]
by spremuta-arancia | 2010-11-30 16:19 | ニュース | Comments(2)

トラウマ

先のエントリに親思いの殊勝な娘のように書きましたが

ここまでくるのは大変でした

姉も私もまだ心の中にはトラウマを抱えております

母を亡くして一人暮らしの父のところへ毎日昼の12時前に行ってお昼ご飯を拵え
晩御飯を用意して帰る毎日
ある日12時を5分程遅れたとき
父が『どうするつもりだ!』
頭から湯気を出し、怒って出て来た
「お父さんには生んで育ててもらって感謝している
恩返しと思って世話をしている
けど、私は遊んでた訳でも無いしお父さんの世話だけやってる訳でも無い
他にもやることはある 
少し遅れたぐらいで文句言われることはない
有難うぐらい言っても罰は当たらないでしょう」
すると
『お前は昔は可愛い娘だったはずだ
そんな小難しいことを言う娘じゃなかった
お前とワシの考え方の違いだ』
いつも自分の子どもは家来か子分と思っていたようです

認知症の高齢者を家族で介護することは

本当に大変なことです

ここは都市部ですので親が施設に入居していることについて

周りの人がとやかく言うことはありませんが

地方都市や農村部では親をそんな施設などに入れてと

ご近所に非難されることを気にして家庭で介護されているところが多いようです

それはそれは大変なことで毎日が戦いです

今はもう何もわからなくなったじいですが

突然意味不明な言葉で

何だか文句を言っているようだ

ということはまだ、あります

そんなときは無視して帰っちゃいます

すると

まだ電話できた時は必ず電話がかかってきたし

少しは立てた時は、”立とうとして転倒しました”と施設から知らせがあったりしました

不平不満、文句タラタラがじいの元気のバロメーター

今は食べることだけが楽しみになりました

(多分?)
[PR]
by spremuta-arancia | 2010-11-29 06:47 | じい関連 | Comments(0)

つくづく

つくづく思う

じいは幸せだよね

誰に頭を下げることもなく我が儘放題生きてきて

病気もないから痛みや苦しみを感じることもない

姉メール:じいの頭の中はどうなっているか分からないが、幸せに感じた事なんかあるのかねぇ

いつも不平不満ばかり言って生きて来た

以前ケアマネさんにおじいさんは娘さんとお孫さんにいろいろ遊びに連れて行って

もらって幸せですねと言われた時があったが

ワシはちっとも幸せじゃないと答えてた

何をしても幸せと感じないのはさみしい人なんだとつくづく思ったよ

私:>じいは、幸せに感じた事なんかあるのか?

今、聞いてもじいは返事できないと思うが、

もしできたとしたら

ワシは幸せなんかじゃないと言うだろうね

でも気持ちは違うと思う

言葉には出さなくても心で感じることができたらそれでいい

不平不満も文句も言わない。言えない今が幸せな老後だと思う


友人メール:お父様はホントにうれしいのですね

貴女に、心から感謝しているのでしょう

なんかじわっときました

お父様は、穏やかで安定した日々を過ごされているんだと思います

施設に入ると、家族はなかなか会いにいかない…と聞きます

あなたはホントによくやっていると思うよ


私:家族の中には(私もそうだが)厄介払いしたと思っている人も多いと思う

自分で何でもできてまだ今ほど認知も進んでない頃は

施設訪問すると

ワシは寂しい寂しいを連発したり

今すぐ施設を出るからお前はワシの新しい行き先を探せと言ったり

我が儘ばかりだった

だから訪問するのがホントに苦痛だった

認知が進んだ今は訪ねて行っても何もわからない

私の名前を呼ぶことも滅多にないが

家族だということはわかるのだろう

やっと手を握ってあげることもできるようになった
[PR]
by spremuta-arancia | 2010-11-27 20:50 | じい関連 | Comments(2)

じいの施設訪問

昼食後、部屋にいました

ヘルパーが歯磨き、ベッドに寝かせてオムツ交換をしていた

じいは車椅子からトイレに移る時も

ベッドに移る時も

必ず、その時体を乗せている物の手すりなどを掴む

ヘルパーは危ないから手を離して下さいと言う

忘れてしまうじいは毎回毎回同じことを言われる

ヘルパーは毎回毎回同じことを言わなくてはいけない

今日は松山千春似の男のヘルパー

少々荒っぽい

じいは関心を引くためか

大袈裟に『痛い痛い』と大声を出したが

ヘルパーはお構いなしでテキパキとこなし、ベッドに寝かせて

”じゃあ失礼します”と退室した


じいは私に対してこれまたいつもと同じ

『今日は早いね。今は?(何時?)』と言いたいのだろう

「今はお昼の1時だよ」

じいがいつまでもベッドの柵を掴んでいるので

その手をほどくと

私の手を握り返して嬉しそうに微笑んだ

”何か言わなきゃ。あっそうだ”

じいは昔から相撲が好きで魁皇のファンだ

「今場所は魁皇が強いよ」と言ってTVをつけた

振り向いたら(-_-)zzz

寝てしまっていた

TVはいつも見ていないようだ


姉メール:お疲れ様です
じいはその松山千春似のヘルパーさんに何をされて痛いと言っているの?

私:本当は痛くない
『痛い痛い』と言うだけだよ
心配いらない

姉:じいが微笑んで握り返えしたんだね
でもテレビつけたらすぐに寝てしまったんだね
今日はレクはなかったの?
レクがある時は車椅子に座らせて眠らせないようにしているんでしょ

私:女のヘルパーはエレベーターホールへ連れて行ってくれるが
松山千春似のヘルパーはめんどくさいのか?
ベッドに寝かせて行っちゃった
[PR]
by spremuta-arancia | 2010-11-26 17:00 | じい関連 | Comments(0)

成田屋

成田屋の御曹司

海老蔵

酔っ払って喧嘩して

怪我しちゃったらしい

あの人、結婚しても

中々落ち着いた行動はできないのね

小林麻央さんも苦労するわね

当代きってのいい男なんですが

大人になりきれませんね

体調不良で

制作発表会見をキャンセルした日の夜に

六本木へ飲みに行って喧嘩沙汰

おまけに

命と同じぐらい大切な顔に創をつけて

帰ってくるなんて

当代きってのいい男なんですが

何か悩みでもあったのでしょうか?

大人になりきれませんね

麻央ちゃんしっかりしないと!
[PR]
by spremuta-arancia | 2010-11-26 06:32 | 文化芸術 | Comments(0)

本当は

a0048609_1642032.jpg

もっと綺麗なんですが

写真にすると

こんな程度
[PR]
by spremuta-arancia | 2010-11-25 16:04 | 日常 | Comments(0)

三代目

二代目が病気で弱ってきたから

北の恐怖はないかと思った

コボちゃんみたいな

三代目が

恐ろしい人?

あんな太っちょが?
[PR]
by spremuta-arancia | 2010-11-25 09:09 | ニュース | Comments(2)

グランパス

グランパス優勝おめでとう!

今年は名古屋の歳だった

野球のMVPは予想通り

ドラゴンズの和田だった

サッカーは?

楢崎に言わせると

監督のような存在感と

GMのような振る舞いの

トゥーリオかな?
[PR]
by spremuta-arancia | 2010-11-23 06:35 | スポーツ | Comments(0)

暴力装置発言について

仙谷官房長官が

「自衛隊という暴力装置」と発言しました

この言葉を聞いたとき”キョトン?”としました

発言の中身は知りません

この部分だけが一人歩きしています

この言葉は国家論を論じる時に用いる言葉のようです

国家、国体、国益、国民を守るために

軍隊は合法的に暴力装置として存在している

という考え方があるらしい

仙谷官房長官もその論理を引用し

自衛隊を暴力装置と述べたものと考えられます

本人がすぐ陳謝しました

柳田法相のような失言という訳ではないので

陳謝したことで不問に付してもいいのでしょう

理論を知らないマスコミや一部国会議員が騒いでいますが

勉強不足を恥じるべきです

平和に慣れた(平和ボケ?)私にとっては初耳の

「自衛隊という暴力装置」発言に

非常に違和感を覚えました

自衛隊の人たちのことを暴力的な団体というつもりではなくても

今の民主党政権の中枢にある官房長官の心根に

常日頃からそういう考えが根付いていることを

図らずも知ってしまったことは看過しがたいものがあります

中国に阿り

わが国の領土内の尖閣列島付近において

海上保安庁の巡視艇にぶつけてきた

漁船の船長をあっけなく釈放した

仙谷官房長官の責任は万死に値します

それとともに

尖閣列島問題や北方領土問題で

日本領土は常に侵略の危機にあり

又、ある国の属国にもなってしまいかねない

安寧としてはいられない危機感を

私たちも持っていなければと痛感しました
[PR]
by spremuta-arancia | 2010-11-22 11:26 | ニュース | Comments(0)

引き際を悟った男

柔道男子60キロ級野村忠宏

五輪で3度表彰台に上がったが

今回

ジュニア王者に一本負け

ロンドン五輪出場絶望的

「築き上げた柔道の感覚と実際の動きにズレを感じ、弱くなったと思う

真剣にやりたい気持ちがあっても、やめるときはくる」と語った

常に自信満々だった柔道家も

己の力の衰えを

自覚する時が来た

ファンとしては

寂しい限りだがこれも時の流れ

仕方のないことだ
[PR]
by spremuta-arancia | 2010-11-22 06:26 | スポーツ | Comments(0)

平凡だけど幸せな毎日を過ごすおばさんの日記


by spremuta-arancia
プロフィールを見る
画像一覧