<   2013年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

老老介護おまけ

ご近所さんの主人の入院を喜ぶ訳ではないけど

いつもはご主人がお風呂に先に入られたので

奥さんは

ウ○○が浮かんでいるかもしれない

お風呂に入れなかった

シャワーだけで

我慢しておられた

やっと

ゆっくりお湯に浸かれる
[PR]
by spremuta-arancia | 2013-12-31 13:44 | 日常 | Comments(0)

老老介護その3(終)

ご近所さんに紙オムツを使ってもらうべく

説得するために

夫が提案した

自ら紙オムツをして

これをしていると暖かいし

失敗する不安もなくなりますよ

とアピールすると言い出した

それはいいアイディア

心の中では「ふふふ」

奥さんにメールした

貴女のご主人にそんなことまで

していただく訳にはいかない

必要とあらば

私がモデルになりますとやんわり断られた

必要なんです

いつやるの?今でしょ!!

との夫の思いも

奥さんの心を動かすに至りませんでした

しかしその2日後

事態は急転直下

ご近所さんが

救急車で搬送された

発熱と肺炎で入院することになりました

ここんとこ

疲労困憊の奥さん

やっとゆっくり休めます
[PR]
by spremuta-arancia | 2013-12-30 14:22 | 日常 | Comments(0)

老老介護その2

ご近所さん

一昨日夜中に

布団から居間から

排泄物にまみれた

その不安からか

昼間に大量に出たのに

今夜、ズボンもパンツも脱いで

トイレへ行ったり来たりしている

と、我が家に奥さんが来られた



もっと正確に言うと

奥さんは二度来られた

一度目は

いきなり私に喝を入れてくれって言う

訳を聞いて私は

谷本歩実の背中を叩く古賀稔彦よろしく

背中を叩いて送り出した

二度目のときは

もうどうしたらいいかわからないって

助けてくださいと

しばらく我が家で話していきませんか?と言ったが

下半身裸でうろうろする旦那を置いて黙って来たのでと

帰っていかれた

冷静な奥さんが

かなりパニックになっている


結局紙オムツにするしかないよな
[PR]
by spremuta-arancia | 2013-12-28 18:53 | 日常 | Comments(0)

老老介護その1

まさに老老介護を目の当たりにしている

例の

ご近所さんのことである

トイレットペーパーを一度にあるだけ使っちゃう

小分けしたいので

空いている芯をください

という訴えがあった

友人にも頼み

かなりの数量の芯が集まった

とにかく

少し前までは自分でトイレへ行けて用を足せていた

しかし

最近はそうではないらしい

家の中でも自由に歩けない

また、びろうな話で申し訳ないが

腹圧がかけられないので

奥さんが

掻き出すのだ

そんな状況でも

紙オムツは嫌だというので

汚したら換える

洗うを繰り返す

奥さんは

休む暇もない

しかも

奥さんは糖尿病を患っている

それでも

ご主人は在宅を主張し

デイサービスをも拒否する
[PR]
by spremuta-arancia | 2013-12-27 10:34 | 日常 | Comments(0)

今夜は7人家族

7人家族

この狭い家に7人も

どこに寝るんや?

1人炬燵で寝てください

今年末は休みが長く取れるので

娘は正月休みには

留学時代の友人に会いにUKへ行く

その後

祖国へ帰った上司(French)に会いに

Franceへ行く

よって

只今

ちょいと早く帰省中

おまけに

次男一家も遊びに来て泊まっていくので

今日は7人家族

賑やかです

大家族

忙しい
[PR]
by spremuta-arancia | 2013-12-22 22:51 | 家族 | Comments(0)

歌舞伎を見てきましたpart3

くどいかな?

歌舞伎ビギナーにとって

仮名手本忠臣蔵を一日かけて見ただけで

達成感がありましたが

本来は

九段目

「山科閑居の場」こそが

最重要だとの

意見を拝聴しました

是非

この場面だけを見たいものです
[PR]
by spremuta-arancia | 2013-12-12 06:08 | 文化芸術 | Comments(0)

歌舞伎を見てきましたpart2

平成21年秋にも

御園座で通しでかかっていて

その時も見てました

失念していました

今回のほうが

有名どころが

わんさか出ているのと

満席で心が沸き立つせいか

楽しかったです

特筆すべきは

坂東三津五郎大和屋さんの休演を

市川海老蔵成田屋さんが代演し

高師直(こうのもろのう)を好演していました
[PR]
by spremuta-arancia | 2013-12-11 05:36 | 文化芸術 | Comments(0)

歌舞伎を見てきました

娘が段取りしてくれて

歌舞伎座で仮名手本忠臣蔵を見て来ました

それも一日かけて昼夜通しです

さすがに疲れました

最初に夜の部の一階席だけ買えたので

その近辺で昼の部をヤフオクで探したら

同日で三階席が取れました

ヤフオクには夜の部は出るのに

中々昼の部は出ません

なぜなら

普段からちょくちょくかかる芝居が夜の部に集中していて

滅多に見られないのは昼の部でかかるからです

一日かけて見るので

朝から気合を入れて出かけました

三階席は遠くて

役者の顔や仕草が見られませんが

全体を見渡せたこと

おお向こうの掛け声が

すぐ近くで聞くことができたこと

新たな発見があって実に面白かったです

普段あまりかからない芝居を今回見て

成る程そういうことだったのか

(時々9段目の「山科閑居」が独立してかかることがありました)

(今回は直接話の筋にあまり関係ないのでかかりませんでしたが)

(4段目からの流れで)

通しで見ることで全体が掴めました
[PR]
by spremuta-arancia | 2013-12-09 09:48 | 文化芸術 | Comments(0)

グランパス

息子は入れ込むと

とことんはまるタイプである

今度はグランパス

そのグランパスが大変な問題に直面している

3年間赤字を解消できないと

クラブライセンスを取り消されるのである

チームをスリム化しようと

躍起になっている

2年前その制度が施行されると決まったときから

(制度の内容は詳しくわかってないから省略)

この時が来るのはわかっていたはずと

息子が言うから

(34歳の現在までまだ定職を持たないあんたが言うな)

言葉を呑み込んだ

(声に出していいよ)by娘

未だに脛をかじられている母
[PR]
by spremuta-arancia | 2013-12-07 07:02 | スポーツ | Comments(0)

知れて

最近の若者言葉

「知ることができて(よかった)」

或いは「分かって(よかった)」と

すべきところ

最近の若者は

「知れて(よかった)」を使う

しかも話し言葉だけでなく

書き言葉としても用いる

調べると

多くの若者が使っていることがわかった

お里が知れるとか

高が知れている

と使うのはあるが…

「知れて」は違和感がある

追伸

34歳の息子にこの話をしたら

自分の周りには

(専門学校3年生21歳ぐらいか)

何処在住と言うところを

何処住みと言う

ex.安城ずみ

(あんたは部屋棲みだよね)
[PR]
by spremuta-arancia | 2013-12-05 22:45 | 言語 | Comments(0)

平凡だけど幸せな毎日を過ごすおばさんの日記


by spremuta-arancia
プロフィールを見る
画像一覧