<   2014年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

やきう

a0048609_3511817.jpg

久しぶりに観た

グラウンドに

メガホンがいっぱい投げ込まれて

ソフトバンクの秋山監督が

胴上げされていた

あぁ終わったのか

だけど

和田監督が執拗に抗議している

どんな状況か把握できない

TVはプレーをリプレイしない

翌日のニュースを観てわかった

阪神西岡の守備妨害で

あっというまに

呆気なく

ゲームセットとなったらしい

プロ野球中継は

伝える役目を放棄した

ただ目の前の

グラウンドのメガホンと

秋山監督の胴上げだけを垂れ流していた
[PR]
by spremuta-arancia | 2014-10-31 22:00 | スポーツ | Comments(4)

水族館

じいじとばあばが孫娘を連れて

水族館へ行って来た

入ってすぐの大きい水槽に

イルカ

シャチ

ベルーガ

など

吃驚したのか

孫娘は抱っこ抱っこ

他の同じ位の年齢の子供が歩いているのに

甘えてじいじもばあばも大変

イルカのショーは目を輝かして

楽しんでいた

色鮮やかな小さい魚にも

興味を示していた

ペンギンの水槽の前で

ようやく

降りて歩いてくれた

楽しんでくれて良かった

最後にひとこと

象さんは?
[PR]
by spremuta-arancia | 2014-10-31 04:40 | 家族 | Comments(0)

桂吉弥独演会

a0048609_20451433.jpg

中電ホールで開催

第十三回だそうです

満席でした

お囃子は吉弥さんが小さい時

家の近所に来た

クリーニング屋のメロディーを再現したものだとか

静岡県で独演会をした時

楽屋へ紳士が訪ねて来た

[この曲私が作曲したものです。使ってくれてありがとう]と言ったとか

「お囃子の説明するのにここまで話をしなくちゃなりませんねん」

「立ちきれ線香」実は哀しい話

「宿屋仇」は侍が

隣の部屋の泊まり客が仇である

と宿屋の手代に打ち明けたため

話がややこしいことになったが

隣室の町人が、口から出任せを言っているのを

静かにさせるのに

ついた嘘だったが

それを聞いて隣室の町人がビビる話

面白かったです

吉弥さん

翌26日大阪マラソンに出場すると言っていたけど、どうだったかな?
[PR]
by spremuta-arancia | 2014-10-25 20:51 | 文化芸術 | Comments(0)

蜩ノ記

a0048609_1253845.jpg

蜩ノ記を観てきました

原作(葉室燐)直木賞受賞作を読んで

映画化されることを知り

楽しみにしていました

特別悪い人は出て来ない

期待通り

穏やかで静ひつな

いい映画でした

原作では

戸田秋谷役の役所広司の

妻女は

身体が弱くて

寝たり起きたり

しかし

原田美枝子さん演ずる妻女は

病気どころか丈夫で

地元で取れる

い草の敷物を編む産業を起こしている

まあこちらもいいか

ひと味足りないような気もするが

総じて

いい映画でした
[PR]
by spremuta-arancia | 2014-10-25 12:04 | TV等娯楽 | Comments(0)

a0048609_214148.jpg


中村直志
[PR]
by spremuta-arancia | 2014-10-22 02:01 | スポーツ | Comments(0)

顔見世part2

夜の部は

台風が来た13日午後4時開演

家を出た時は雨もさほど降っていなかった

私は原則菊五郎ファン

今回は「身代座禅」を演る

奥方を左団次が演ずるとあって

是非とも観たいと嵐の中出かけた

案の定

開演から客席はガラガラ

金山なので端から満席かどうかは

わからないが

台風が近づいてくるので

止めた観客もいたようだ

休日なので大向こうからの掛け声は2~3あった

二幕目

身代座禅

菊五郎が舞台に立つ

音羽屋!と声

客席から警報メールが!

電源offにはしてないで

マナーモードにしていたのだろう

ざわついた

実は私もタブレットが開演直前に警報音が鳴っていた

菊五郎さんごめんね

三幕目

菊之助の「伊勢音頭恋寝刃」

客がう~んと減った

掛け声が消えた

東京から来ていたのか?

新幹線が動いている間に帰ったのか?

舞台がはねたら私も一目散に金山駅に向かった

外は嵐の真っ最中だった
[PR]
by spremuta-arancia | 2014-10-16 04:19 | 文化芸術 | Comments(0)

顔見世

a0048609_15412163.jpg

a0048609_15413139.jpg

金山にある特殊陶業市民会館

御園座がお休みの間はやむなくこちらでやります

しかしここはあきませんわ

芸処じゃない

今年は音羽屋さんが

総出でおでまし

いかざなるまい

と行きました

平日の10日(金)は

大向うの掛け声全くなし

私は「音羽屋!」と言いたかった

タイミングがわからず

我慢していたが

しびれきらして

梅枝くんに「萬屋!」だけ言っちゃったよ

途中客席からひどいヤジがあった

「人情噺文七元結」

の時

掛け取りに行って得た50両を紛失

責任を感じ

大川端で飛び込もうとする中村梅枝演ずる文七を

菊五郎の左官の長兵衛が止める場面

「死ぬと言うんだから止めないで死なせてやったらいいんだよ」

客席の女の声

菊五郎は一瞬固まった

娘が吉原に身を売って得た50両を渡した長兵衛さんは

何度も何度も

「死んじゃいけねえよ」

「死んじゃいけねえよ」

花道を駆けながら

叫んだのが

なぜだか

真に迫っていた
[PR]
by spremuta-arancia | 2014-10-15 15:39 | 文化芸術 | Comments(0)

孫の守り

2歳3ヶ月の孫を一晩預かることになった

それまでも

信頼を勝ち得ていたので

それほどの心配はしていなかったが

お泊まりとなると話は別だ

幾分か心配はある

風呂は誰が入れる?

じいじとばあばとどちらと寝る?

2日間どうやって過ごす?

結局

風呂もねんねもじいじが担当

一日目は東山動物園

二日目はモリコロパーク

泣くこともなく

終始笑って過ごしてくれた

多分

本人なりに気を使ってくれたのだろう

買って与えたジュースにダメ出しされたり

殆ど水分吸収してなかったオムツをそのまま

履かせようとして

新しい方を指差されたり

といった

失敗はあったが

本人の潔癖症の発露であろうが

まあまあ

初のお泊まりは

無事に終了

ほっとしたのと淋しいのがない交ぜの

祭りのあとである

これが

来て嬉しい

帰って嬉しい

ってやつか
[PR]
by spremuta-arancia | 2014-10-15 06:31 | 家族 | Comments(2)

驚き

イスラム国の呼びかけに応じてシリアへ渡航しようとした日本人がいるなんて驚き

秋葉原にある古書店で誘いの貼り紙を見たという

この日本にいて!

イスラムは遠い

私たちとは縁もゆかりもない!

と思っていた

びっくりした
[PR]
by spremuta-arancia | 2014-10-07 04:37 | ニュース | Comments(0)

平凡だけど幸せな毎日を過ごすおばさんの日記


by spremuta-arancia
プロフィールを見る
画像一覧