<   2016年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

四国の城廻り

11/24

屋嶋城終了

12:05屋島山上駅出発

12:22琴電屋島駅発

今日の昼も讃岐うどん

13:20高松城[玉藻公園]

野面積み?なのか打ち込み接ぎかな?

よくわからない



瀬戸内の海水を外堀、中堀、内堀に引き込んだ

海城である



生駒の城だが生駒騒動の後

水戸徳川光國の兄の松平頼重が12万石で入封

水戸光國は自分が次男なのに水戸家を継いだことを長兄に対し申し訳ないと思い

自分の嫡男を高松松平家をに養子に出した

明治になるまで

水戸徳川家と養子縁組を繰り返したという


そろそろ帰る時間が気になる

土産物も買わねばならぬ

15:10マリンライナーで岡山へ

16:22発のひかりで帰名した

今回の旅はこれにて終了
[PR]
by spremuta-arancia | 2016-11-25 06:16 | 旅行 | Comments(0)

四国の城廻り

11/24

朝8:00高松の琴電築港駅から瓦町で志度線に乗り換え

琴電屋島駅へ

8:45バスで屋島山上駅へ

同じ電車で屋島へ向かった我々とほぼ同年代の老夫婦

時間の計画を立てずに行動しておられるようだ

山上行きのバスの時刻表

8:45発のところに※印

※は12月~2月は云々

文字が消えていて意味がつかめない

そこで琴電屋島駅に聞きに行ったが

無人駅でわからぬと

右往左往しておられた

しかもタクシーも止まっていないとぼやいている

琴電屋島駅で2組の老夫婦4人しか降りなかったのに

タクシーが止まっている筈がない

私たちは冬季は8:45運行がないと

予めタブレットで検索してわかっていたので

大丈夫ですよまだ11月なので運行しますと伝えた

千葉県松戸市から来たそうな

その二人は何が目的なのか

昨日は小豆島の寒霞渓

その前日は栗林公園へ行ったとか

私たちは屋嶋城「やしまのき」を訪ねる

中大兄皇子の時代

白村江の戦いの後

唐*新羅の侵攻に備え防ぐ砦として築いた

屋嶋城「やしまのき」は

最近発掘調査が進んで

一部復元された

埋蔵文化財発掘センターの作ったアプリがある

wi-fi の環境下でアプリをダウンロードしておいた

城壁の石垣にタブレットをかざすと

cg で城門が写し出されるので

画面のカメラのマークをシャッターすれば

撮影できる

このアプリが重い

アプリをタブレットにダウンロードするために

ドンだけ

孫のビデオを処分したか

ごめんね

屋島の南嶺を一周して

帰途に着く
[PR]
by spremuta-arancia | 2016-11-24 20:30 | 旅行 | Comments(0)

四国の城廻り

11/23

12:02今治から予讃線

13:27丸亀まで

丸亀城は現存天守

天守は可愛らしいのがぴょこんと載っかっているだけだが

石垣が凄い

たかだか6万石にしちゃ

立派な石積み

初めは高松城の支城だったが

高松城主生駒氏が生駒騒動の為

この城も召し上げられ

独立した城になって

山崎氏が入った

城郭整備の途中

嗣子なくお家取りつぶし

京極が6万石で入り

維新まで続いた


ここで娘とはお別れ高松空港へ

私たちは高松へ

夫は懸案のコインランドリーへ行った

乾燥機使用中

ホテル近くのうどん屋で夕食
[PR]
by spremuta-arancia | 2016-11-24 17:06 | 旅行 | Comments(0)

四国の城廻り

11/23

さて夕べのうちに

予讃線で今治に入り

朝から今治城へ登城です

今治駅の近くの散髪屋さんで面白い張り紙を見つけた

病み上がりのため今日は1時で閉店させて頂きます

明日は9時~6時まで営業致します

病気なんだ大変だな頑張って下さい

駅前からバスで今治城へ

途中港の桟橋を通る

船の形のタワーはみなと交流センター

今治は造船とタオルの町

城の敷地内に檜垣為治さんと矢野さんの銅像がある

今治城は海城

お堀は海水が入っている

築城の名手藤堂高虎が造った城だけあって形の良い城

中は木造

金がかかっているが客は少ない

名古屋も河村市長が木造の城を造りたがっている

今治城みたいにならないか?心配

城の周りに市民の運動のためのスポーツマシン
(というほどのものではないが)

背もたれのないベンチがある

お尻のところの座面が低くなっている

腹筋運動のための椅子

私は腹筋苦手

夫と娘はできるが

私はさっぱりできなかった

今治はしまなみ海道の起点でもあるので

至るところに自転車を停められる場所がある

それゆえスポーツマシンもあるのか?

次は丸亀
[PR]
by spremuta-arancia | 2016-11-24 17:04 | 旅行 | Comments(0)

四国の城廻り

11/22

道後温泉のホテルをチェックアウト

いよいよ松山城へ

9:00登城開始

平城なのにロープウェイがある

たかだか100メートル足らずの松山城

訳なく歩いて登りました

登って門から入ると

枡形虎口

攻め手には攻め難い城です

益々フアイトが湧きます

昨日のボランティアのおっちゃんが

松山は今や坂の上の雲で

秋山兄弟で知られるようになったが

正岡子規や夏目漱石(彼は松山出身ではないが)

高浜虚子

河東碧梧桐

もっと文化の香りを味わって欲しいと言っていた

しかし

松山城はすごい

賤ヶ岳7本槍の加藤嘉明が入り

蒲生、松平と続き

新政府に恭順を示すため

維新前には松平姓を返上

久松が続いた

皆に愛されている松山城は

宝です

現存天守の中でも

素晴らしい城です


午後は坂の上の雲ミュージアムへ行った

10年前に松山を訪ねた時にはできてなかった

建物は安藤忠雄氏設計の

コンクリート打ちっぱなし

新しい情報は特になく

本を読んでいれば

得られることばかりで

少々がっかり
[PR]
by spremuta-arancia | 2016-11-23 19:15 | 旅行 | Comments(0)

四国の城廻り

11/21

11:55宇和海14号宇和島発

12:39大州(おおず)着

大州城

歴史は古く

1300年代宇都宮氏が築城したが

その後

藤堂高虎、脇坂安治の手により

完成した

その後

加藤貞康が転封

明治維新まで加藤氏が治めた

廃城令により破却されそうになったのを

住民の活動により

天守だけは助かったが

その後老朽化や構造上の欠陥のより

1888年に壊され

2004年に復元された

全て中は木造

中々のもの
[PR]
by spremuta-arancia | 2016-11-23 17:49 | 旅行 | Comments(0)

四国の城廻り

11/21

朝食を6:30に食べて

ホテルを7:25出発

JR 松山駅へ

8:08発の特急宇和海5号で宇和島へ

1時間22分

宇和島駅から徒歩20分

お城登城

途中道を尋ねた女性に

「行ってらっしゃい

ありがとう宇和島を選んでくれて」

と言われて感激

上手く受け答えできなかった

伊達の殿様のお城

五角形の形らしい

全容を知りたい

少しだけでもわからないものかと

周りを歩いてみたが

幕府の隠密さえ

四角形と間違えて報告したぐらいだもの

わかるわけないか

諦めた

次は大州
[PR]
by spremuta-arancia | 2016-11-23 17:46 | 旅行 | Comments(0)

四国の城廻り

11/20

倉敷駅7:54発

岡山8:32発松山11:15着

今夜合流する娘と一緒22日に松山城に登るので

登城はとっておいて

城の堀割を歩き

正岡子規や夏目漱石ゆかりの場所を訪ねた

ボランティアのおじさんに捕まって

色々話を聞いたおかげで

遅くなってしまった

路面電車に乗ること30分

道後温泉16:30到着

夫は湯築城へ

私はホテルで入浴

松山空港に18:30に到着した娘と合流

夕食

鯛めし
[PR]
by spremuta-arancia | 2016-11-21 17:09 | 旅行 | Comments(0)

四国巡り

11/19

四国巡り

と言っても

お遍路さんじゃありません

夫が岡山県の小中学校時代の同窓会に

出席するのに併せて

香川県と愛媛県の

城廻りです

今はまだ倉敷にいます

朝の電車で高松そして一挙に

松山へ行きます
[PR]
by spremuta-arancia | 2016-11-20 05:31 | 旅行 | Comments(0)

平凡だけど幸せな毎日を過ごすおばさんの日記


by spremuta-arancia
プロフィールを見る
画像一覧