じいの施設を訪問しました

昼食が済んで部屋へ戻るところでした

手が汚れています

黒いので多分

「ごはんですよ」

の瓶の中に指を突っ込んじゃったのでしょう

じいは『血だわ』と言います

ヘルパーが大慌てで「ちょっちょっと待っていてください」

ノリの佃煮なのになんで慌てるんだろう

手を洗いにトイレへ行きましょうHさん(部屋で洗えばいいのに)

ヘルパーさんの狼狽振りがおかしい

じいは今度は言うに事欠いて

『お尻の穴に指を突っ込んじゃったわ。こんなもんだわ』

(何が?)

手を洗ってもう一度部屋まで戻りました

お部屋のトイレでうん○をしてスポイドの大きいのでお尻etcを洗ってもらった

(部屋のトイレはウオッシュレットなんだけど。まぁいいか)

歯を磨いてもらった

ヘルパーさんに『お世話掛けました。すみません』と礼

ベッドで横になると私と話がしたいと

えっ?まだ何か文句ある?

と身構えると

『まだワシと話をしていてもいいのか?帰らなくてもいいのか?』

『今日は何時に家を出てきたの?ご飯は食べたの?』

と気遣ってくれたと思ったらすぐZZZ寝ちゃった

帰ろうとしてガタッ!しまった!物音をたててしまった

すると『もう帰るのかい?迷惑かけたねェ。さよならねェ』

嘘みたいでしょう

これがあのじいの言葉とは
[PR]
by spremuta-arancia | 2010-05-26 19:00 | じい関連