SuicaとPASMO

記事

3月18日、新しい交通系電子マネー「PASMO」がスタートを切った。「PASMO」を持てば、切符を買うことなく、首都圏の地下鉄、私鉄、バスが自由に乗り降りできる。JR東日本が発行する「Suica」との相互利用が可能。
非接触IC「FeliCa」を搭載しているので読み取り機に「かざす」だけで、改札口を通過することができる。FeliCa内蔵のアンテナが電波を拾い、瞬時に処理をしてくれるからだ。
面倒な乗り越し精算も自動的に計算してくれる。
便利だからと2枚を同じパスケースに入れて持ち歩くのは禁物だ。どちらもFeliCaを搭載しているので、2枚を一緒にかざすと読取機がどちらを読んでよいのか分からず混乱してトラブルの原因になる。
交通系電子マネー。PASMO。Suica。ICOCA。スルッとKANSAI(関西私鉄連合)のPiTaPaがあるが、 それぞれ支払い方式が違う。
Suica。ICOCA。PASMOはプリペイド(前払い)方式。あらかじめバリューをチャージ(入金)しておき、ここから運賃を差し引く。不足したら積み増す。
しかし、唯一PiTaPaだけはポストペイ(後払い)方式を採用して、利用代金を1か月後に口座から引き落とす方法をとった。
大阪の乗客は初乗り運賃を取られることに抵抗をみせる。公共交通機関なのだから手持ちのお金の有無にかかわらず乗せてほしいということで後払い方式を採用した。


今回房総一周旅行をしてみてわかったが、JR東日本の鉄道すべてで、Suicaが使えるのかと思ったらそうではなかった。

JR内房線富津市の浜金谷駅までは使えたが、その先の南房総から、外房線鴨川。安房天津。安房小湊。東金線。は自動改札もない。

要するにSuicaが使えるのは首都通勤圏と利用者が多い地域だけなのですね。

今回旅の最中にPASMO切り替えに遭遇した。

千葉から東京へ帰るとき駅員さんが大声を張り上げていて西船橋駅が大混乱していた。

夫は千葉駅でJRの切符を購入し、私はSuicaで改札を通りましたが、乗り換えのときの混雑ではぐれそうになった。

PASMOができる以前は、東京メトロ東西線浦安駅から、JR総武線船橋駅まで行くのに、途中西船橋駅で乗り換えるのですが、パスネットで改札を入ると精算がとても面倒だった。

一旦東京メトロの改札を出て、改めて、SuicaでJRの改札を入った。

確かにPASMOができてとても便利になった。

名古屋も市交通局。ゆとりーとラインやあおなみ線。名鉄。近鉄。JRで使えるFeliCa内蔵のICカードになるとよいのに。
[PR]
by spremuta-arancia | 2007-03-27 10:16 | ニュース